私が50代のあなたに「上布と芭蕉布」をお勧めする理由

こんにちは。スタイリストの井上和子です。

年が改まり、気分はすっかり春から夏に向かっています。

年々暑くなっていくような日本の夏に、クオリティの高い着物をさりげなく、お召いただければどんなに素敵でしょう。

特に芭蕉布や上布といった、極上の夏物には、それだけの価値と着る理由があります。

ですが、私は全ての方にこれらの着物をお勧めするわけではありません。

このクラスのものを、さりげなく着こなすのは、豊かに歳をかさねた50代の方にこそ、と感じています。

50代は人生の折り返し地点とも言えますが、これまで幾多の困難も乗り越えてこられた自信と余裕が生まれます。

そんな方が着る極上品は、気負いのない、さりげなさが生まれるのではないでしょうか。

今回のコーディネートで試行錯誤したのは、自然のなかに都会的なセンスの光る、新里玲子氏の宮古上布と喜如嘉の人間国宝平良敏子氏の芭蕉布です。

コーディネートの考え方のポイントを3つ上げると、こうなります。

  1. 素晴らしく美しい布の持つ独特のオーラと言いますか、存在感。繊細な帯選びが必要。
  2. 普通に考えれば、自然布の帯をあわせます。ですが、美しさを引き出す、もう一手はないか?素晴らしい織の着物として、優れた織の帯はどうだろうか?
  3. 必然的に、豊かに歳を重ねた50代位の方にサラリと着ていただきたいコーディネートになるのではないか

そのようなことを頭に置きながら、コーディネートを決めていきました。

まず、主役は着物、重要な脇役は帯ですが、主役を引き立てながら自分の魅力も出しつつ調和する帯をと思い選びました。これで全体の90パーセントは決まりました。

紺色に絣模様の着物は、都会的に着こなす事が難しく素朴な普段着の様な印象になりがちですが、独特の深みのある琉球藍のなかに、絶妙な大きさのバンジョーの絣が洗練された印象を醸し出しています。

カラーコーディネートでは藍色に白色が一般的ですが、ただの白では平凡ですし、デリケートな上布には硬い帯では傷むのではと気にされる方もあります。

選んだ帯は生絹(すずし)の自然で優しい色と光沢を生かし、綾織りを横段に織り込んだ染め織作家松尾氏ならではのエレガントな夏帯を組み合わせました。

着物も帯も非常に素晴らしい作品ですので、色数は極力抑えシンプルなほうがお互いの魅力が引き立つように思います。小物はその哲学のもと、しっかりと選びました。

あまりにも有名な喜如嘉の芭蕉布、さわやかな風が通り抜けるように、ゆるりとまといたい夏着物。

現存する織物のなかで最も秀でたものと称される芭蕉布には、琉球染め織作家 上原美智子氏の立湧文様の名古屋帯を合わせました。

上原美智子氏の作品は国内のみならず海外でも高く評価される美しい布です。セミの羽のようと例えられる優しい透け感のあけずば織が代表作であり、それをもとに織られた、こちらの立涌の帯はまさに帯としての代表作。

上原美智子 立涌の名古屋帯
参照:上原美智子 / 千成堂着物店公式オンラインショップ

着物と色合いが近く感じられるかもしれませんが、質感も表情も違いますので、溶け合う様でそれぞ れの味わいがあります。帯揚げと帯締めで引き締めてみました

様々なことを考えながら、、夏の最上級の着物、芭蕉布と宮古上布のコーディネートをしてみたのですが、沢山の方に気に入っていただけて、やはり存在感が違うと思うと同時に50代からでなければ着こなせないと改めてかんじました。

更に、トータルコーディネートを考えれば、草履はパナマで、バックはコムクリット工房の繊細な竹のものが合いそうですね。

私は、どんな着物や帯も、その方に良くお似合いになること、また、その人自身が引き立つことを大切にしています。

さらに、着物や帯と小物が調和していることも重要。

もっと言えば、着る方に全てが馴染み、さりげなく装いができていることが、最重要です。

私は、この上布や芭蕉布の着物を、様々な意味で豊かな50代の女性に似合うと思っています。

さて、あなたならどう着こなしますか?今年はいよいよ挑戦しましょう。

千成堂着物店 スタイリスト 井上和子

欲しいもの、お困りごと、作品担当が解決いたします

「自分の着物にあう帯を見つけたい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

常に産地に足を運び、作家さんとものを作り、お仕立てを知り、そして繋ぎ手の問屋さんとも情報を共有しています。

あなたのお悩みやこだわりをお聞かせください。お答えご用意いたします。

お求めや各種ご相談:
044-863-8325 / メールとLINE

※公式通販サイトでも高品質なサービスをお約束
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (17時以降や土日など時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)
※代表電話番号 044-750-9557

コーディネート
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました