これで安心。着物を着るとき、香水をシミにならないようにスプレーする方法って?

kousui-(4)着物を着た時、皆さんは香水ってつけてますか?

着物はデリケートなシルク(絹・正絹)ということもあり、普段のように手首、首回りにスプレーしてしまうと着物にシミや変色を作る原因になります。練り香水や香り袋を使うのが定番ですが、普段使っているお気に入りの香水や少し特別感のあるラグジュアリーな香りを思い切って楽しみたいのが本当のところではないでしょうか?

そこで、提案したいのは”手首以外の場所にスプレーする”という方法です。

例えば足首や、くるぶしのあたりにしゅっとひと吹きしてみましょう。裾裁きにつれて、程よく香りが立ちのぼりなんともイイ感じです。 香水の香りは下から上に立ちのぼる性質があります。また、基本として脈を打つところにつけますが、スプレータイプは指先か、コットンにスプレーして、耳たぶの後ろに控えめにつけるのも奥ゆかしく素敵です。

このコツを使えば安全に香りを楽しめますね。

追記

こちらのコラムも着物について書いています。こちらも香水を楽しむときの参考になると嬉しいです。感想もお待ちしています。
海外ブランドの香り、和の香りどっち?着物に合う香水の選び方と心構え。

欲しいもの、お困りごと、作品担当が解決いたします

「自分の着物にあう帯を見つけたい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

常に産地に足を運び、作家さんとものを作り、お仕立てを知り、そして繋ぎ手の問屋さんとも情報を共有しています。

あなたのお悩みやこだわりをお聞かせください。お答えご用意いたします。

お求めや各種ご相談:
044-863-8325 / メールとLINE

※公式通販サイトでも高品質なサービスをお約束
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (17時以降や土日など時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)
※代表電話番号 044-750-9557

コーディネート
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました