喜如嘉の芭蕉布 / 平良敏子氏(芭蕉布織物工房)の作品を正規取扱いしております

現存する織物の中で最も秀でたもの、とされる究極の織物があります。それは重要無形文化財 喜如嘉の芭蕉布(きじょかのばしょうふ)。琉球糸芭蕉の繊維を使った伝統的で素朴な織物です。

肌に触れず、涼を纏う。盛夏ものとして、7-8月に贅沢にお召しいただく きものです。琉球の風土が生んだ極上のきもの地です。着物通 憧れの逸品として認知されています。千成堂着物店は大手問屋さんを経由し、正規に平良敏子氏と芭蕉布織物工房の各作品をショールーム(店舗)とインターネットショップ上でご紹介しております。

今回、ご紹介させていただくのは”藍”を生かした作品、一点限定の入荷です。

喜如嘉の芭蕉布の魅力をお伝えしたい、と思っています

喜如嘉の芭蕉布 着尺

喜如嘉の芭蕉布

こちらは伝統的な製法で織り上げられた 紛れもない芭蕉布。ですが、見れば見るほど”現代のきもの”としての魅力があふれています。藍を生かした糸使いは糸の地色と重なり、グレイッシュ。また自然の色が生きた茶の絣はリズミカル。素朴さというよりも洗練されたムードです。 無地の自然布帯、パナマの草履を合わせてみましたが、さらりと上質な夏のスタイルが完成しました。

喜如嘉の芭蕉布のコーディネート

喜如嘉の芭蕉布 八寸 帯

喜如嘉の芭蕉の帯を夏大島に合わせる

また、芭蕉布の帯も一点セレクトさせていただきました。一言でいえば、無地感の帯なのですが、糸・染・織、芭蕉布の全ての魅力が詰まった、まさに通好みの作品です。

喜如嘉の芭蕉布 ヤシラミー織

これはヤシラミー織といわれる、やすりの目を模した網代上の組み織り技法です。経糸と緯糸に複数の発色の糸を織り上げ、リズムよく配置しています。その豊かな表情、織りの質感に魅了されます。着尺は”盛夏もの”となりますが、帯は盛夏だけではなく単衣の季節を広く楽しめます。こちらも洗練された意匠に強く惹かれます。浮き織りなどアクセントをあえて排したミニマルな美しさがあります。

喜如嘉の芭蕉布を”セレクト”するということ

当店は全ての作品を扱うわけではなく、あくまでも洒落た、提案するべき雰囲気のある作品だけを取り揃えております。正直なところ、素朴さの強い意匠であれば、当店は見送ったかもしれません。ですが、この反物たちの纏う、どこか現代的な新しい空気に、手を上げさせていただきました。

芭蕉布の魅力は奥深い

喜如嘉の芭蕉布が書籍に掲載されています

芭蕉布の魅力は様々な視点から語られていますが、人はどこに素晴らしさを見出すのでしょうか。

一言でいえば、美しさを極めた布です。

そして希少性。芭蕉の収穫から、織上がりまでには数年がかかり、一切大量生産ができないため入手は困難です。

染めの魅力。琉球藍、車輪梅、相思樹、福木、マンゴー、茜、沖縄の天然素材で染めた芭蕉の糸は、まさに力強い大地の輝きがあります。糸の一本一本に異なる表情があります。ですが、全てが完璧な調和を見せています。

そして織り。着尺はなんと二万か所以上、長さを補うために繊維と繊維を結ぶ箇所があります(手結い)。その細密な仕事に驚かされます。

糸芭蕉の糸は茎の中心に近ければ近いほど、細く上質とされます。最も繊細な糸を使う着尺は、滑らかさと弾力を併せ持つ驚異の触感を生みます。その手触りも人を魅了します。

民芸運動の父、柳 宗悦(やなぎむねよし)は「今時こんな美しい布はめつたにないのです。いつ見てもこの布ばかりは本物です。その美しさの由来を訪ねると理の當然であつて、どうしても美しくならざるを得ない事情にあるのだとさへ云へるのです」と、記しました。大宜味村喜如嘉の産業としての歴史、戦後の芭蕉畑根絶の歴史、平良敏子氏の復興へと向けた奮闘・・様々な歴史や研究的価値もその奥深い魅力の一つです。

色々と書き並べてみましたが一つの視点からでは評価ができない、奥深く不思議な魅力があります。

喜如嘉の芭蕉布を店頭にてご覧いただけます

正直なところ、写真と文章だけでは伝えきれない想いがあります。非常に高価で希少な作品です、是非お問い合わせの上、ショールーム(店舗)で実物をご覧いただき、是非じっくりとご検討くださいませ。

千成堂着物店 公式ネットショップ : 喜如嘉の芭蕉布 コーナー

 

メディア掲載のお知らせ
当店×菱一 オリジナルの小紋が”美しいキモノ”本誌に掲載されました。

ハースト婦人画報社 刊 / 美しいキモノ 18冬号 (11/21発売)

企画「小紋と紬 華やぎコーディネート / 年末年始お出掛けダイアリー」のページに当店の商品をご提供いたしました。染の川勝 松竹梅の帯と合わせて、コーディネートいたしました。表紙は北川景子さんです。紙面には4度目の登場となります。

コーディネート
千成堂着物店をフォローする
千成堂着物店 公式ブログ / 川崎市 武蔵小杉から一駅