薩摩絣のコーディネートは単衣、上質感のある白い帯でまとめる。

ワンランクもツーランクも上の、単衣コーディネートを実現するには、薩摩絣

やはり綿きものの最高峰、薩摩絣は外せません。ここは東郷織物の織り上げた”ほんもの”の一反で単衣のコーディネートを楽しんでみましょう。

東郷織物の歴史、そのセンスに迫る

宮崎県都城市、東郷織物は東郷治秋、永江明夫。両氏により昭和22年に設立されました。最高品質、最高センスの大島紬・薩摩絣といえば・・東郷織物さんの通りはあります。今回ご紹介のこちらも、手織り×正藍染の名品。厳選された美しい藍染めの綿糸を途方もない時間をかけて手織りした、本当にため息ものの逸品です。

薩摩絣とは、大島紬の技法を応用した綿きものの最高峰。すっきりとした雰囲気は野暮ったさ皆無、極細の糸を高密度で織り上げ、極限の滑らかさを誇ります。知らない方にはきっと綿の着物とは思わないでしょう。そして、その洒落た雰囲気は憧れの的。いつかは欲しい!という声も多くいただきます。その声に応えるため、東郷織物は工程を簡略化したお値ごろな絣も織っていますが、こちらは一線を画した手織の作品です。

なぜ、この本さつまはワンランク上の価格なのか

亀甲絣の細かさでかかった時間を想像できますが、おそらく一日で織り進める長さは極わずか、その少ない流通量も納得です。格子×六釜菱の題がありますが、熟練した織り手しか織ることができない、非常に手の込んだ文様の一つです。この文様もポイントが高いです、深い藍色の濃淡ですっきりと浮かび上がり、手織りの素朴さより都会的な洗練を強く感じます。一言で本当に格好良いきものです。

提案、薩摩絣のコーディネートは、白い帯で

コーディネートは白い帯、爽やかなスタイリングを是非提案したいです。ここまでの一反です、半端な質感の帯ではコーディネートが決まりません・・。合わせたのは、山形県 米沢の伝説的工房 出羽の織座さんの紙はた織り®の名古屋帯です。骨董品としても価値のある大福帳(和紙)を繊維にほぐし、手引きの木綿糸と織り合わせた、東北地方に伝わる民芸的な技法の帯です。当店に見えたスタイリストさんに「シャネルのツイードみたい!」と感動の言葉をいただいた、上質感と民芸とはある意味で真逆の現代的なお洒落さを持つ帯です。

藍色の着物には白い帯がやはり映えます。上質な着物の高い質感とバランスをとるには、やはり上質感の高い帯がベストです。

 

名店 “菱一”さんより、お取り寄せとなります

単衣の着物は、差の付くワンランク上の着こなしを楽しむチャンスです。憧れの綿薩摩、是非手織りの最高級品をお試し下さいませ。こちらはあの神田の”菱一”さんより、協賛をいただいた一反です。老舗染物問屋さんとして名の通った名店ですが、織り、紬のセンスもまた抜群。

こちらの作品は店頭にてご覧いただけない場合がありますので、是非ご興味のある方は、ご来店予定日の2日前ほどにはお声掛けいただけると、幸いです。先にご用意してお待ちしております。

価格は¥860,000(税別)トータルコーディネートなど、お見積もりも喜んで承ります。是非お気軽にお声掛けくださいませ。

ご紹介した商品は、店頭と通販サイトでご覧ください。

こんにちは、千成堂着物店のブログへようこそ!

こちらの商品は神奈川県川崎市の実店舗(予約制)と公式通販サイトでお求めいただけます。

コーディネートにお悩みのあなたも安心。着物と帯はもちろん、各種小物まで、トータルコーディネートでのご納品も承っております。

また、お忙しいあなたはお電話・メール・LINE@をご利用ください。店頭と同様の行き届いたサービスをご案内しています。

コーディネート
千成堂着物店をフォローする
千成堂着物店 公式ブログ / 川崎市 武蔵小杉から一駅
タイトルとURLをコピーしました