紬を引き立てる究極の洒落帯 織匠 田歌(とうた)さんの吉野格子

今、飛び抜けてお洒落な帯、それは吉野格子

一番お洒落な帯とは何でしょうか?それこそ星の数ほどある帯たち、私がオススメしたいのは吉野格子の帯です。
当店でも定番となっている無地の紬に合わせて着こなすと、それこそ最高の魅力を発揮します。かっこいい・・の一言です。

中でも上質な無地紬の着物に非常に相性が良いです。

例えば結城紬、久米島紬など少しほっこりとした質感の紬のアクセントに格別。また大島紬などシュッとした質感の紬に組み合わせでも抜群の相性です。

今回入手したのは”織匠 田歌(とうた)”さんの吉野格子、紬に強い大手問屋さんからのご紹介です。こちらは曽根武勇さんが代表を務める、こだわりの工房の作品です。今回はその魅力に迫っていきたいと思います。

目を見張る、美しい手織りの技

今回ご紹介している”織匠 田歌(とうた)”の吉野格子の帯は手織りです。めがね織と呼ばれる織を組み合わせた立体感が特徴的です。吉野格子とは寛永の三大名妓 吉野太夫に京の豪商、灰屋紹益が送ったといわれる名物裂の一種。非常に人気が高く、今日ではいつかは手に入れたい憧れの洒落帯として認知されています。

織匠 田歌(とうた)さんは西陣織にあえて席を置かず、究極の織を追い求める工房の一つです。こちらの帯も安価な大柄とは一線を画し、非常に細かい格子の織り出しが特徴的です。もちろん、細かければ細かいほどその手間は多くなり技術が問われます。その卓越した技術には目を見張るものがあります。

デリケートな配色

こちらの帯はデリケートな配色も魅力的です。めがね織りの部分にグレーや藍紫、品の良い黄で織り出した配色も見事ですが、さらに必見は地の色。優しく繊細なグラデーションでさらに完成度を高めています。吉野格子は他織物メーカーにも見られますが、ここまで凝った配色のものはまず見かけません

質感

またその質感も素晴らしい の一言です。経て糸・横糸を細密に織り込んだこの帯はキュッと締まり、また格別の絹鳴りがあります。おそらく通常より多くの糸を使い贅沢に仕上げたものと思いますが、やはり触ったとき、締めたときの質感は素晴らしいです。見た目だけではなく、その上質感は並ぶものの無い完成度です。

まさに究極の洒落帯

今までたくさんの洒落帯を扱ってきましたが、ここまでの完成度の帯は見たことがありません。上質な紬に合う帯としてこれ以上はなかなか今は思いつきません。一味違う、締める悦びを味わいたいあなたにこそお勧めしたい名品です。

織匠 田歌(とうた)吉野格子 袋帯 ¥450,000(税別・交渉あり)

【12/2~12/20】最大半額!歳末SALE 店頭と通販サイト同時開催
着物と帯すべて対象、まとめ買いで大幅割引。1点目は1割引き、2点目は3割引き、3点目はなんと5割引き。ご友人・ご家族と合わせてのお求めもおすすめ。実店舗への来店はご予約優先、お早めにご予約ください。
コーディネート
千成堂着物店をフォローする
千成堂着物店 公式ブログ / 川崎市 武蔵小杉から一駅
タイトルとURLをコピーしました