染の川勝 絽付下げの着尺と夏の染め 九寸名古屋帯のコーディネート

染の川勝 絽の付下げ 千成堂別注と御所解の夏帯のコーディネート

皆様こんにちは。千成堂着物店 スタッフ マキコです。今回はこちら、着物も帯も「染の川勝」というなんとも華やかな夏のコーディネートをご紹介いたします。

まず、こんなにも見ているだけで、気分が上がる上品で華があるコーディネートがあるでしょうか。夏にこれだけの着こなしをしてる方とすれ違ったら、間違いなく私は振り返ります。

それでいて、涼やか。目から入ってくる夏の「涼」。素敵です。

そして、当店の井上和子のコーディネートで、私がいつも感じることは「可愛い」です。常に上品で落ち着きがあるのですが、それだけじゃない…さり気なく女性らしさがあり…どこか可愛い。

今回も「可愛い」と、なぜ、そう感じるのか?私は、やはりこの配色では無いかなと思います。ニュアンスのピンクにブルーを合わせたところ、ここに自然と可愛らしさが詰まっている気がいたします。目に飛び込むピンクとブルー。それだけで目が楽しくなります。

私を常に楽しませてくれる和子さんは言います。コーディネートを考えるときに、まず「メイン」を考えるのよ、と。メイン…私たちも服装選ぶときにありますね…「今日はあの靴が履きたいな…」「新しいコートを着たいから…」自然とメインを考えていませんか?

着物のときも、ソレです。では、問題です。今回のこちらのコーディネート、着物と帯、どちらが「メイン」でしょうか。着物でしょうか?それとも、帯でしょうか?

正解は…どちらもメインです!最初から素直な問題では無くてすみません。そう、今回のコーディネートは着物と帯、どちらも主役なのです。映画やドラマなどでいうW主演!それは、華やかなわけです。楽しくなるわけです。

着物も帯も、数々の着物誌でもお馴染み、美しい京友禅の染卸として信頼の厚い「染の川勝」です。川勝の生み出す世界は、女性的で、たおやかで、古典的なものが多く、そこには長年積み上げた確かな物があります。これだけ「強さ」のある物には、やはり強さがある物を合わせると、お互いがより引き立ち実に美しいものとなります。

だからと言ってどうでしょうか。着物も帯も難しいものではありません。どちらもそれぞれがとても合わせやすいデザインです。この着物にはこの帯しか、逆にこの帯にはこの着物しか、そういうものでは無いところは、やはり上質さ故でしょうか。

手にとって見ていただくとその上質さはよく分かります。波文様ひとつ描くだけでも、色は白だけではありません。黄色や水色、銀色の刺繍で繊細に表現されています。

さて、では、着姿を見るだけで涼が取れるのはなぜでしょう。それは絽という夏の素材にもありますが、絵柄からも感じるものもあります。帯の柄は御所解文様で、萩が描かれていますが、これは季節でいうと「秋」です。この夏に着るものに秋を感じる季節の先取りである柄を含ませることが、目から取る「涼」のポイントです。

着物と帯が決まり、W主演となった時の帯揚げと帯締めはさりげなく優しく。帯の柄を見るとブルーだけではありません、萩に少し赤みがありますが、この赤を帯締めにも持ってくるとせっかくの柄を潰してしまう、とは和子さん談。それで色を控えめに白を合わせただけね、そう思った貴女、私と一緒です。なんと和子さんは帯締めの太さまで考えていました。帯の美しい前柄の邪魔をしないように、今回は細めの帯締め、細ゆるぎを合わせているのです。「白ね!」と、私はなんともお恥ずかしい、単純な解釈で見ていましたが、その帯締めの太さの計算があっての、目に美しく飛び込む帯の前柄だったわけです。細ゆるぎの幅は約0.8cm。通常のゆるぎが約1cmですので、その差は0.2cm。ほんのわずかな差ですが、そこからコーディネートの差を感じることもあるとは新しい発見でした!

(帯揚げは配色の参考までに。着こなしの際は、夏物で合わせることをお薦めいたします。)

欲しいもの、お困りごと、作品担当が解決いたします

「自分の着物にあう帯を見つけたい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

常に産地に足を運び、作家さんとものを作り、お仕立てを知り、そして繋ぎ手の問屋さんとも情報を共有しています。

あなたのお悩みやこだわりをお聞かせください。お答えご用意いたします。

お求めや各種ご相談:
044-863-8325 / メールとLINE

※公式通販サイトでも高品質なサービスをお約束
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (17時以降や土日など時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)
※代表電話番号 044-750-9557

instagramより
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました