新里玲子さんの宮古上布 着尺「藍染・バンジョー」は宮古島の星空を感じさせる逸品です

作品担当 井上英樹です。

新里玲子さんの宮古上布の着尺「藍染・バンジョー」が届きました。

当店は新里さんの工房の正規作品を取り扱っています。

これは・・美しい、本当に美しい織物です。私はあえて、染織作品に「美しい」という表現を使うのは避けていますが、これは本当に美しいです。

苧麻をの糸を極細に裂き績まれた糸を、藍で染めて、織る。先に入荷していた帯地よりもさらに細い糸を使うため、その透け感は異次元のものです。濃い、深い藍色に絣の意匠が浮かび上がり、まさに夜空のようです。

砧で打って出す滑らかな艶も品が良くて素敵。

新里玲子さんは、いわゆる個人作家。伝統的な技法を納めていますが、その明るくて可愛らしい世界観は無二のもの。伝統的な製法に裏打ちされた布としての美しさはもちろんですが、その洗練された愛らしいデザインと相まって、実に楽しいです。

染織作品に美しいという言葉を使ってしまうと、そこから先にニュアンスや想いを込めることができなくなってしまう気がします。ですが、ここまで完成された世界観を見せられると、もはや美しいとしとしか私には言えない。

手仕事の雰囲気は当然あり、先染めの糸ならではの雨のような揺らぎが無地場に感じられます、それが逆に抜け感を出して、程よく精緻な雰囲気を和らげています。完成度の高さという意味でも、美しいという言葉を使いたくなってしまいます。

この作品の柄の名前はバンジョー。琉球の絣柄の一つで大工道具の曲尺「番匠」から考えられた柄です。縦と横の線のリズムを変えて、独特な雰囲気の柄にアレンジされていますが、あくまでも藍染と古典的な絣柄の着尺です。

ですが、新里さんの作品を見るたびに現代的な雰囲気、センスの良さを感じます。これは、決して「古来の伝統的な布」という枠だけには収まらないお洒落さがあります。

布としての美しさを語るだけではなく、実際に着て素敵に見えることも合せてお伝えしたい作品です。

新里玲子さんの宮古上布と松尾鏡子さんの帯を合せる

コーディネートは芭蕉やからむし織、科布などの自然布を合わせたいのが上布です。ですが、新里さんの着物の場合、どこかデリケートで女性的なニュアンスがある帯が素敵です。白い染め帯あたりはスタンダードですが、今回合わせたのは染織家 松尾鏡子さんの名古屋帯「すずし」です。

すずし、とは生絹とも書きますが、セリシンを除去しない自然な風合いの絹糸です。ゆったりと引いた糸をさらりと織り合わせたこの作品は、粗野ではなく、洒落た絹の雰囲気があります。

絣の色とも同調して、お洒落なコーディネートができました。

作品担当 井上英樹 / コーディネート担当 井上和子 / 反物着装 マサエ

欲しいもの、お困りごと、作品担当が解決いたします

「自分の着物にあう帯を見つけたい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

常に産地に足を運び、作家さんとものを作り、お仕立てを知り、そして繋ぎ手の問屋さんとも情報を共有しています。

あなたのお悩みやこだわりをお聞かせください。お答えご用意いたします。

お求めや各種ご相談:
044-863-8325 / メールとLINE

※公式通販サイトでも高品質なサービスをお約束
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (17時以降や土日など時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)
※代表電話番号 044-750-9557

作品・商品を知る
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました