今風のワントーン着物コーディネートは「ニュアンスカラーの帯回り」でつくりましょう

お洒落な着物コーディネートと言えば「ワントーンで洋服的な感覚」を欠かすことはできません。

グレイッシュな織の着物に、柄の効いた帯を合せるコーディネートは、人を選ばず似合うこと、初心者でもわかりやすい理論であることもあり、当店では不動に人気があるテイストです。

ここにきて、大分見慣れた気がしますが、実は細かい部分が進化していることにお気づきでしょうか?

帯回りにニュアンスカラーを合わせる

米沢織の着尺と洛風林の名古屋帯のコーディネート
参照:工芸帯地 洛風林 / 千成堂着物店 公式通販サイト
工芸帯地 洛風林 「フィレンツェの花」
参照:工芸帯地 洛風林 / 千成堂着物店 公式通販サイト
齋英織物(さいえいおりもの) 「万葉」 米沢織の着尺
参照:米沢織 / 千成堂着物店 公式通販サイト

例えばですが、先日入荷した米沢織の着尺と、配色を合わせた洛風林さんの名古屋帯 「フィレンツェの花」のコーディネートです。着物と帯はトーンを合わせた取り合わせで、ワントーンな着物コーディネートの基本的なものです。

ですが、帯締めと帯揚げは以前より無彩色ではなく、ちょっとニュアンスのある色味を選んでいます。

そう、ただのグレーではなく「少し青みを含んだニュアンスカラーの帯揚げ・帯締め」を合せています

なぜかというと・・以前に比べると「フェミニン」な要素が着物コーディネートに欲しくなっているからです。

数年前は「メンズライク」な少し硬めの感覚でコーディネートを作っていましたが、女性の心理として「私は男っぽくなりたいの!」という方は、ほぼ・・居ないのではないでしょうか。

そぎ落としたシャープなコーディネートは確かに格好良いのですが、どこかに、女性としてのやさしさや華やかさ、何よりも「適度な抜け感」が欲しい。

そうなってくると、無彩色で硬いコーディネートは何となく、私たちの気分ではないのです。

このコーディネートについても、合わせる方によっては、帯揚げや帯締めにほんのりグレイッシュなピンク系を合せても素敵かも知れないですし、羽織は甘めなテイストのものを合せても良いかも知れない。

進化したワントーンコーディネートは、帯回りの小物使いや、羽織などの工夫でフェミニンにも見えます。何となくシャープ過ぎて似合わない・・とお考えのあなたにこそ、挑戦していただきたい「新鮮な」テイストです。

作品担当 井上英樹

 ( 文章中のコーディネート担当:井上和子 着装:マサエ )

欲しいもの、お困りごと、作品担当が解決いたします

「自分の着物にあう帯を見つけたい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

常に産地に足を運び、作家さんとものを作り、お仕立てを知り、そして繋ぎ手の問屋さんとも情報を共有しています。

あなたのお悩みやこだわりをお聞かせください。お答えご用意いたします。

お求めや各種ご相談:
044-863-8325 / メールとLINE

※公式通販サイトでも高品質なサービスをお約束
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (17時以降や土日など時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)
※代表電話番号 044-750-9557

コーディネート
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました