単衣の紬は一年中お仕立てを承っています「本場琉球絣×喜如嘉の芭蕉布のコーディネート 」

日本工芸会正会員 大城一夫さんの本場琉球絣と喜如嘉の芭蕉布のコーディネート
参照 大城一夫 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ

その1、最近、本当に注目を集めている「白の紬」

そのすっきりした表情とエレガントな空気が、まさに、旬を感じる色です。

その2、そして、シーズンの解釈が変わった「単衣」

秋も春も気温が高い今、季節を問わずお仕立てする方、季節を問わずお召しになる方が増えてます。

二つの長所を持った、自信を持って紹介できる作品が沖縄から届きました。

「生」の紬糸を使った本場琉球絣です。

本場琉球絣 着尺 大城一夫 (大城廣四郎織物工房)

本場琉球絣 「風車」 大城一夫 (大城廣四郎織物工房)アップ
参照 大城一夫 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ

これは、日本工芸会正会員 大城一夫さんの本場琉球絣です。

絣糸の染めは草木染、熱帯の植物 カテキュー(阿仙薬)で出す茶系です。

絣の足を長く残すことにより、ただの十字絣とは全く異なった表情を織り出しています。

大城一夫さんは、本場琉球絣という伝統織物を芸術の域に高めた染織家、あの大城廣四郎(おおしろこうしろう)先生の御子息。

制作の技術はもちろん、現代的なセンスは高い評価を受けており、私も大好きな工房・作家さんの一人です。

この本場琉球絣は、生の紬糸を使っています。

そのため、通常の絹糸や紬糸で織った作品と異なり、さらりとして軽いハリがあります。

軽い透け感もあり、まさに単衣向きの風合いです。

問屋さんに詳しく聞いてみる

これを当店につないでくれた問屋さんの話を聞くと、このテイストは工房の得意技であり、昭和のころなどはもっと見ることができた作品だそうです。

ですが、現在となっては、制作反数は激減しており、なかなかに見ることができない希少品となっています。

正直に言って、私も欲しい時には必ず品切れしているイメージで、今回のように素敵な作品が、よいタイミングで入ってくることは珍しいです。

今、秋に向けて「袷」向きの反物を紹介する時なのでしょうが、私は、あえて単衣向きの紬は一年中ご紹介したいと思っています。

「あるときにしか、ない」という入手難易度の話はあるのですが、それは置いておいて・・

一番の理由は「旬の白・紬の単衣」の便利さ、素敵さに気が付いていない方が多いということ。

とにかく手に取って、このテイストをはじめて欲しいのです。

お仕立てに時間もかかりますので、単衣はいつでも作るべき

ご存じ、着物はお仕立てに時間がかかります。

春や秋の良い時期に着るなら、年中の仕立ては検討する必要があります。

そのためです。

帯回りをどう考えるか

沖縄の染織品は、その太陽の光に負けない、強い配色が印象的です。

ですが、落ち着いたあたたかみのある白や、草木染のやさしい茶を配した、大城さんの琉球絣は、その文脈を超えています。

ある意味で都会的ともいえるでしょう、本当にお洒落な感性の織物です。

合わせた帯は「喜如嘉の芭蕉布」これは、私が沖縄を訪ねたときに、平良美恵子さんにお願いした別注品となります。

千成堂着物店別注 喜如嘉の芭蕉布 ヤシラミー×ムディーの八寸名古屋帯
参照 喜如嘉の芭蕉布 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ

この芭蕉布をはじめ、自然布の帯も実は「単衣~盛夏」にあう帯です。

そのため、この単衣向きの本場琉球絣と合わせると、かなりベストな単衣のコーディネートが完成します。

帯揚げには正絹の縮緬、しぼり。

帯締めは細めの二色使いのものを合せて、軽く。

蒔絵を施した扇子をアクセントに挿して。

そんな、コーディネートでいかがでしょうか。

着物はどうしても仕立てを考えなければいけないので、「夏には冬物」「冬には夏物」のような、半年先を見越した行動が、実は大切なのです。

結果として・・単衣は一年中お勧めしているのです。

作品担当 井上 英樹

「あなたの素敵を引き出す、わからないをなくす」間違いのない着物パーソナル・コーディネートをご案内しています

お好み、お席、お手持ち品やご予算、お困りごと・・・まずは、メールかお電話でお話を聞かせてください。一人ひとりに合わせて考え抜かれた、間違いのないご提案をいたします。品川駅から約28分 川崎市に完全予約制の店舗あり。美しいキモノ・きものSalon掲載店 / TVドラマ・WEBメディアにも協力しています。

※最新の在庫状況は公式通販サイトをご覧ください。
https://www.sennarido-kimono.com/

お求め・コーディネートのご相談:
044-863-8325 / メールとLINE

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (17時以降や土日など時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)
※代表電話番号 044-750-9557

コーディネート
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました