アンティーク着物だけがお洒落着物ですか?:井上和子の小話

コーディネート担当の井上和子です。

最近はファッション誌にも、着物が特集されていたり、モデルさんやタレントさんのお洒落着物としてアンティーク着物が、紹介されていて「可愛い、おしゃれ」などのコメントがたくさん付いています。

決まって、現代の染織家の作品などは登場せず、必ず、アンティークなのです。

もちろん、私も今は作ることができないような時代ならではの作品は眺めて素晴らしいと思っています。ですが、「実際に着たい、大人のお洒落な着物」としては・・私はあまりです。

なぜ、「大正ロマン」や「アンティーク着物」だけがお洒落といわれているのでしょうか?

確かに、明治から大正時代にかけては、西洋の様々な文化がはいってきて、和洋折衷の自由なファッションを楽しんだようです。

大きく色鮮やかに描かれた花や大きな矢絣の着物、柄オン柄の組み合わせ、ハットやブーツ、中にハイネックのシャツと盛りだくさんな雰囲気は目に新しく、可愛い。

ですが、大人の取り組みとしてなら、アンティークらしく見えるものを集めて身に付けなくとも、お洒落着物コーディネートにすることは出来るとおもいます。色柄のやたらと派手なものをかさねるのではなく。

もし、大人がアンティークを取り入れるなら、「本物」でかつ「小物」が良いのではないでしょうか。

まず、本物のアンティークを選ぶことは大切です。最近のブームでもありますのでよく見かけますがポリエステルに派手なプリントをした着物などは避け、半襟一枚でも本物を選びましょう。

帯どめ、かんざし、帯飾りにはアンティークだけにしかない、雰囲気の良いものもあります。

アンティークというからには高価ですが、今では手に入りにくい、べっ甲や珊瑚、象牙などの細工物をワンポイントに使う。これは、絶対にお洒落ですし誰もが羨むコーディネートです。

私は、アンティークだけがお洒落だとは全く思いません。特に大人の女性なら、その感性を生かした、素敵な今の着物コーディネートを考えて、楽しんで欲しいのです。

コーディネート担当 井上和子

欲しいもの、お困りごと、作品担当が解決いたします

「自分の着物にあう帯を見つけたい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

常に産地に足を運び、作家さんとものを作り、お仕立てを知り、そして繋ぎ手の問屋さんとも情報を共有しています。

あなたのお悩みやこだわりをお聞かせください。お答えご用意いたします。

お求めや各種ご相談:
044-863-8325 / メールとLINE

※公式通販サイトでも高品質なサービスをお約束
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (17時以降や土日など時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)
※代表電話番号 044-750-9557

小話
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました