武村小平さんの帯「スイセン」は朱(あけ)をテーマにした弊店の別注作品です

武村小平さんに別注した九寸帯「スイセン」の紬地

型染め作家 武村小平さんの新作が入荷いたしました。こちらの帯「スイセン」は弊店の別注配色となります。上質な風合いの紬生地にも注目、日本工芸会に所属する小田島 克明さんの率いる機屋「おだきん」さんの生地です。こだわりを感じる今回の作品、まさにこの秋に彩りを添える逸品です。

武村小平さんは滋賀県のアトリエで、自らが図案、型彫、染めを手がける型染め作家。手掛ける作品は、野に咲く草花や季節のモチーフがよく選ばれています。空間使いと配色は優れたグラフィックデザインのよう。深みのある色彩と合わさり生まれる洒脱な雰囲気は、まさに武村さんの持つ世界観そのものです。

武村小平さんに別注した九寸帯「スイセン」の紬地と白たか織着尺のコーディネート

今回の作品の配色テーマは「朱(あけ)」。少し赤みを加えた色味を想定していました。当店の別注品は比較的、寒色が多く(特に紺)落ち着いたムードの作品を制作依頼してきました。しかし、最近の流れとして「重み」や「印象的な発色」が帯回りのキーワードに出現してきており、それを先読みする形で新しいニュアンスを企画しました。落ち着いた華やぎが演出できていると嬉しいです。

着物の流行、という言葉でくくってしまうとチープになってしまい宜しくないのですが、優れた手仕事を現代のテイストで表すのが軸の当店です、「新たなニュアンスを提案する」ことにはしっかり腰を据えて取り組もうと思います。

引き算一辺倒ではなく、楽しく、愛らしく、少し要素を加えていく。あくまで内輪の話ですが、そんな想いを具現化した力の入った作品になっています。

「着たい」「似合う」が間違いなく揃います

「自分の着物にあう帯を選んでほしい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートで揃えてほしい」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「似合うものをオーダーメイドしたい」
「式典のコーディネートを任せたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

お応えしてきた一例です。ご来店(予約制)はもちろん、メールやLINEでもお気軽にご相談ください。

ご相談と掲載品のお求め:
044-750-9554
メールとLINE

※公式通販サイト:
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)

instagramより千成堂の別注品
千成堂着物店のブログ