佐藤碧さんに別注したアートな帯地「芳芬(ほうふん)」は角帯&半幅帯で楽しむ

帯揚げが毎回話題となっていました佐藤碧さん、久しぶりの帯地は意表を突いた力作です。なんと、今回は角帯&半幅帯として総柄・染分けです。

売れなかったら自分で買おう!といった職権乱用はさておき、佐藤さんの世界観が詰まったぐっとくる作品に仕上がっています。

水彩画のような透明感とにじみで抽象的な意匠をコンセプチュアルに表現するのが佐藤さんですが、今回は角帯というお題もあり、どこか「鋭さ」を感じさせる作品に仕上がっています。

オーダーメイドも承っております

この作品そのもので帯を制作するのも素敵ですが、作風を生かした名古屋帯の制作など佐藤さんへの作品オーダーメイドも承っております。(納期・価格は要打ち合わせ)

お求めをご検討の方は「こんな感じに合わせたい」とまずはメールやLINEをいただけると幸いです。作品のお仕立てや制作のアレンジ、コーディネート等も詳しくご案内させていただきます。

洋服もデザインする佐藤さん

佐藤さんはご友人のパタンナーさんと組んでワンピースやカットソーなども発表しています。どのようにコーディネートするのか、という話を真面目にできる作家さんは限られますが、佐藤さんはそんな一人です。

打ち合わせでは角帯対応の少し濃い地使いもアイディアに出たのですが、柄の際立つ白に裏地に濃い色といったスタイルになりました。写真は打ち合わせのデータ一部ですが、裏地はすっきりと潔い紺系。

「半幅帯も可愛いですよね」というスタッフの一言

通例、角帯は帯に仕立てて販売するのが基本らしいのですが、帯地の反物の状態で持っておくことにしました。九寸帯地の中央近辺を染め分けたため、裏側に柄が少し入りますが半幅帯へのお仕立てが可能なのです。締めた時に白のアクセントが出てむしろ素敵かもしれない。

リラックス感のあるシーンで着物を着る方も増えていますが、半幅帯はバリエーションが少なく、比較的カジュアルだったりレトロだったりとひと癖があると思っています。(それがまた良いのですが)

佐藤さんの作品は白がメインで使われていることもあり、他にないすっきりとしたスタイリングができるのではないでしょうか。

作品のモチーフは「香り」

今回の作品は「芳芬(ほうふん)」という題です。これは良い香りを意味する言葉。今回の作品のモチーフは青文字という花をすりつぶしたときにするショウガやレモンのような香りがモチーフになっているとのことです。青文字は別名ショウガノキ(生姜の木)だそうです。

具象的な表現が帯には基本的に収まりが良いとは思います(塩瀬の染帯とか)、ですが、その枠を超えたアートな作品を求めるなら、抽象の作品は避けては通れないと思います。

そんな時に人間の五感の一つ「嗅覚」からインスピレーションを受けた今回の作品・・着るアートとして最高でしょうが、生姜。

にじみ

佐藤さんの作品を鑑賞する上で必ず注目するべきはその「にじみ」

物体のアウトラインをつかみ、デザインに落とす時にどこまでデフォルメするかは作家さんの世界観ですが、佐藤さんは比較的にデフォルメが強いです、しかし、にじみを駆使することでパーツに立体感が生まれ、抽象と具象の間を行くようななんとも心地よい感覚を生み出します。

着物を楽しくするアート

今回、佐藤さんには角帯をお願いしたのですが、特に男性用の着物コーナーを拡張する意図はないです。というのも、反物の幅が自身の裄丈に合えば男性も女性も着物には関係が無いからです。

自分自身、男物の反物から着物をつくることはほぼありませんし、格好良くスタイリングをしたい女性のお客様ならメンズライクな作風の広幅(男幅)を勧めることだってあります。

ファッションの世界ではジェンダーレスが言われて久しいですが、佐藤さんの作品のようにアートな感覚を持った帯地がもっと自由で楽しい着物の世界を切り開いてくれれば嬉しいです。

作品担当 井上英樹

おまけ:佐藤さんの帯を使ったコーディネート(美しいキモノ2021秋号より)

美しいキモノ2021年秋 本場久米島紬と佐藤碧さんの帯コーディネート

久米島紬と合わせて、アート&伝統のイメージです。佐藤さんの作品は伝統的な仕事をブラッシュアップする効果があります。その青の色味も良くて「藍染・藍色」な着物に抜群の相性です。

今回の帯地も藍を使った紬や綿の着物に相性がかなり良いです。目を引くような新鮮なカジュアルコーディネートをお探しのあなたは、今すぐお問い合わせください。

「着たい」「似合う」が間違いなく揃います

「自分の着物にあう帯を選んでほしい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートで揃えてほしい」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「似合うものをオーダーメイドしたい」
「式典のコーディネートを任せたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

お応えしてきた一例です。ご来店(予約制)はもちろん、メールやLINEでもお気軽にご相談ください。

ご相談と掲載品のお求め:
044-750-9554
メールとLINE

※公式通販サイト:
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)

千成堂の別注品
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました