大人が嗜む「羽織もの」は、せっかくならオリジナルで作りたい

今季、私は羽織るものを3着も新調してしまいました。洋装でもやたらと羽織っているスタッフ マキコです、こんにちは。

この新調した3着は、全て洋装の羽織るタイプのものなのですが、白やカーキ、桜色と、色もさまざま。形は長袖、半袖にロング丈やショート丈などに加え、生地は布からレザーまで全て違います。着物の羽織りも、道行きコートや道中着、羽織など、用途や好みの着姿などに合わせてさまざまな物があります。

と、いうわけで、今回ご紹介しますのは「羽織もの」。どうして羽織りたくなるのか。羽織らなくても良いけれど、羽織っているのと羽織っていないのでは全然違う目に飛び込む着姿、それはいったいどうしてでしょうか…

全てオリジナルの渾身の羽織生地「おぼろ市松」

美しいです。合わせた小物までの一つ一つがどれも美しい。そして、最後に着るこの羽織の主役感。着姿を纏め上げてくれるこの信頼できる羽織感。他には無いのではないでしょうか。そうなのです。こちらは他には無いのです。糸から選び、薄さと柄にこだわって、当店オリジナルの羽織生地を制作させていただきました。色も妥協なく作り込んだオリジナルとなっております。それが、この染色作家 勝山さと子さんの羽尺「おぼろ市松」です。

この繊細な生地をご覧ください。しっとりとしたとろみのある生地に丸みのある可愛らしい市松柄が織り出されています。この織り出す楕円にも技術が光る逸品です。せっかくの美しい羽織。自分だけのオリジナルにこだわりたい。貴女の「こだわって作りたい。」にお応えいたします。

「マイバランス」を追求して絶対の羽織を

羽織で特にこだわる箇所としましては、やはり丈感でしょうか。流行りによっても変化するのが羽織の丈です。今の流行は、着物の裾から35cmくらい上げたラインでしょうか。合わせる方の膝の高さからも考えたり致します。身長も体型も個人差がある中で、好みも人それぞれです。着姿のバランスの良さ「マイバランス」は人それぞれに違うもの。

そして、丈が決まったらシルエットを整えるのに重要なのが、羽織紐の位置です。大体、帯の上線と帯締めの中間の辺りに羽織紐がくるように「乳」(ち)という羽織紐を通す位置を整えて「前を少し下げてエレガントに着て欲しい。」とは、当店スタイリストの井上和子。

ご自身の似合うバランスを追及して、絶対の羽織を作りたいものです。

魅力しかない!エレガントでありながら実用的な優れもの

長羽織は洋装で言うところのカーディガン?ボレロ?ショール?でしょうか。羽織りものの中でも長羽織は特にエレガントです。これから薄物を着る季節ですが、その際のお尻のラインを隠してくれるのにも良いと井上和子は言います。そう、羽織はお洒落で有りながら、安心感のある、とても実用的な優れものなのです。

さて、ダスティーブルーとグレイッシュピンクと何とも足取り軽やかに華やぐカラーをご紹介しましたが、こちらの紫がかった落ち着きのある焦げ茶も全く違う大人の仕上がりになる羽尺です。現在、当店では3色のカラーが揃っておりますが、合わせたいお着物や小物からご希望の色をご指定いただくことも可能です。絶妙な薄さが素晴らしい美しい生地で、色まで探せるのは魅力しかありません。勝山織物の名門のノウハウと、女性ならではの視点を融合し、新しい作品を作り続ける染色作家 勝山さと子さんの羽尺をぜひご堪能ください。

話題になること間違いないコートを自分に合った形で

続いてご紹介するこちらは、洛風林の着物衿のコート地です。

しじら織のコート地になります。画像は「お仕立て例」ですので、お好みの形に合わせてお仕立て可能です。元々は、洛風林 堀江社長の私物であったこちらのコートですが、話題となり作品となったもの。分かります…さり気ないですが、私なら振り返っちゃうもの。「あれ良いな。」が手に入る、自分の物になることはとても幸せなこと。やっぱりそこまでの物って出会えそうで出会えないものです。

色は濃い色から、こちらの爽やかな優しい色まで様々。ご希望の色が他にございましたらお探しいたしますので、是非当店までお問い合わせください。形は道行、道中着、ちりよけコートなどに向いてる他、撥水加工もあるため、対丈での雨コートにもなるとは嬉しいかぎり。お好みの形と色を選んだら、絶対にお気に入りとなるおすすめの逸品です。

大人の嗜みは選び方もさまざま

今、羽織はトータルコーディネートで考え始めている方も増えています。昨今の気温の変化では、単衣の期間も長くなってきたことに合わせて、羽織も楽しめる時期が増えたのではないでしょうか。当店の井上和子は「どれにすれば良いかタイプに迷ったら目的によって形を決めるのも良いわよ。」と、言います。素材は、形との相性もありますから、目的から形を選んで最後に素材を選ぶのも良いでしょう。羽織は、大人の丸みのある体型の方が似合うと言われていたり、「大人の嗜み」とも言われたり。私的には羽織の脱ぎ着する仕草もとても美しくて好きなのです。歳を重ねた方が楽しめることがあるって密かな喜びです。

今回ご紹介した二つ?私は用途に合わせて「どちらも欲しい!」です。

スタッフ マキコ

欲しいもの、お困りごと、作品担当が解決いたします

「自分の着物にあう帯を見つけたい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

常に産地に足を運び、作家さんとものを作り、お仕立てを知り、そして繋ぎ手の問屋さんとも情報を共有しています。

あなたのお悩みやこだわりをお聞かせください。お答えご用意いたします。

お求めや各種ご相談:
044-863-8325 / メールとLINE

※公式通販サイトでも高品質なサービスをお約束
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (17時以降や土日など時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)
※代表電話番号 044-750-9557

instagramより
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました