この夏に涼を呼ぶ!橋爪玲子さんに別注した「漆絵の扇子」のモチーフは「あじさい」です

橋爪玲子 別注 漆絵の扇子「hydrangea」
参照:橋爪玲子 / 千成堂着物店公式オンラインショップ

いよいよ五月も残り僅か、九州や関西は梅雨入りが発表され、いよいよ、関東もまもなくといったところでしょうか。(例年よりかなり早いらしい)

そんな絶妙のタイミングで和歌山県の橋爪玲子さんから届いたのは「紫陽花(あじさい)」をモチーフにした扇子たちでした。

橋爪玲子 別注 漆絵の扇子「hydrangea 白漆のアップ」
参照:橋爪玲子 / 千成堂着物店公式オンラインショップ

当店では不動の人気を誇る橋爪さんの扇子ですが、常にテイストはアップデートしており、その時の発送や時代の雰囲気を込めて、お願いしています。

最初は小花の集合したデザインを考えていたのですが、橋爪さんの作品のアーカイブを見ると「hydrangea」と記載された作品があり、なるほど!と思うと同時に、この季節にぴったり!と即決しました。

hydrangeaを日本語で発音すると、ハイドランジェアでしょうか、そう、紫陽花をモチーフにした作品です。

細かい花々が集まって丸く、ふんわりとその姿を見せますが、橋爪さんはもう少しクローズアップした視点でデザイン、小花の集合をグラフィカルに表現しています。

日本では梅雨時期の花のイメージが強いのですが、ちょっと調べてみると梅雨の無い海外では初夏から夏の花というイメージだそうです。

水が大好き、という花には違いがなく、その名前にもhydro(水)の意味を含みます。

橋爪玲子 別注 漆絵の扇子「hydrangea 白漆と薄藍色の色漆 アップ」
参照:橋爪玲子 / 千成堂着物店公式オンラインショップ

もともとのデザインベースは存在しましたが、打ち合わせの時に「ちょうど、青系の漆があります」とお教えいただき、バイカラーも制作をお願いいたしました。

打ち合わせでは「華やかに」という単語が出てくるのですが、ただただに、花をたくさん描いたから正解というわけではありません。

その程の良さが絶妙、橋爪さんの作品に感じるのはその飛びぬけたセンスの良さです。

基本的なテイストを伝えて、あとは、しっかりとお任せができる。橋爪さんはそんな安心感がある方です。

絵画調のデザインよりも、ある意味では、抽象的なデザインの方がまとめる難易度は高いと思います。

ですが、届くすべての作品は常に完成されたテイストで、そんな心配は無用。

優れたグラフィックデザインを丁寧に眺めるような、独特の感動があるのです。

作品担当 井上英樹

欲しいもの、お困りごと、作品担当が解決いたします

「自分の着物にあう帯を見つけたい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

常に産地に足を運び、作家さんとものを作り、お仕立てを知り、そして繋ぎ手の問屋さんとも情報を共有しています。

あなたのお悩みやこだわりをお聞かせください。お答えご用意いたします。

お求めや各種ご相談:
044-863-8325 / メールとLINE

※公式通販サイトでも高品質なサービスをお約束
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (17時以降や土日など時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)
※代表電話番号 044-750-9557

千成堂の別注品
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました