予約をしないと手に入らない?橋爪玲子さんの漆絵の扇子について

作品担当 井上英樹です。

最近は染織・染色の作品以外にも、様々な作家さんへお仕事をお願いしています。

感染症には気を付けつつ、作品展にお邪魔したり、メールやLINEで打ち合わせをしたり、なかなかにハードスケジュールです。

それでもこれでも、やめられないのは「グッとくる」作品に出合えてしまうからです。

漆作家 橋爪玲子 / 漆絵の扇子「かさね」

どうですか?グッと来ませんか?こちらが当店で最も人気の「橋爪玲子さんの扇子」です。

ご存じ橋爪さんは和歌山県の人気漆作家さん。当店が作家さんの作品を扱い始めたときからのご縁で、ある意味で古参の作家さんになります。

別注の帯留めはもちろん人気ですが、特に人気を集めているのが「当店別注の扇子」です。

シーズンや思い付きなどで橋爪さんにご相談して、1点ものとして、特別に制作をいただいている作品です。

今までの制作の中で「華やかなテイストはどうでしょうか?」という天啓があり、少し柄を増やして制作をいただいています。

今回制作をお願いしたのは、華やかさを一歩進めた「二色使い」の作品。

橋爪さんの作品、特にアクセサリーの中で使われているテイストの逆輸入盤?です。

桜をグラフィカルに描き、完成された作品です。この桜ならシーズンも問わず、ご愛用いただけますね。

基本的に、作品はお求めのお客様の満足度を最大にするために「1点もの」ということを大切にしています。

そのため、なかなか手に入らない!と言われることもあり、いよいよ、公平な予約制にするべきかと。

色々な意味で、即実行はできないのですが、準備はしないといけませんね。

作品担当 井上英樹

自然布の帯と夏仕度 オンライン展

360度見回せます。右下のボタンで全画面表示もできます。

初心者から上級者まで、LINEとメールでお答えいたします

「自分の着物にあう帯を選んでほしい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「呉服屋さんに入れなくて・・」
「式典のコーディネートを任せたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

まずはあなたの「こう着たい」をメールかLINEでお聞かせください。別注品からリユースまで駆使して、間違えのないご用意を致します。

ご相談と掲載品のお求め:
044-750-9554
メールとLINE

※公式通販サイト:
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)

千成堂の別注品
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました