一周回って?「沖縄の絣織物・琉球染織」に洗練を感じています

さて、皆さま。

「洗練された着物コーディネート」

って一体、なんでしょうか?

いわゆるドレッシーな感覚の織りの着物や、染織作家さんの新しい感覚の帯、また、引き算のコーディネートは、間違いなく洗練された着物コーディネートに仕上がるパーツです。

ですが、最近私は「産地の伝統染織」にも、洗練された雰囲気を感じていたりします。

新しい視点で見る、絣

絣とは、糸を染める時に染まるところと、染まらないところを分けてつくり、その糸で織り上げることで柄をつくる技法です。

この絣というのは曲者で、気を付けないと どうしても、野暮ったくなります。

また、染織作家が意図して新しい雰囲気を目指して、組み込むこととは違い、産地のものはどうしても野暮ったさが目立ちがちです。(そこがまた雰囲気があって良いのですが・・)

ですが、産地の染織界隈でも、すっきりとしたお洒落な雰囲気の絣を見ることができます。

特に「沖縄」の作品たちに。

琉球藍の久米島紬の絣に見る、洗練

例えばですが、こちらは「本場久米島紬」の着尺です。

琉球藍を使って染められた絣は、少し染料にたいして大らかな制作ルートでしか作られておらず、希少です。

こちらは、他の久米島紬に比べると、絣が単彩ですっきりとしており、久米島紬の他の作品に比べても洗練された印象をうけます。

透明感のある藍色の中に白が抜けた意匠は、星空のように清々しい。

琉球絣の中に見る、洗練

本場琉球絣 着尺 「風車」 大城一夫 と出羽の織座・戸屋優 草布帯のコーディネート
参照:琉球絣 / 千成堂着物店公式オンラインショップ

また、こちらは大城一夫さんの「本場琉球絣」、こちらはさらに地の隙間の多い、すっきりとした作品です。

すーっと流れるように伸ばした絣の足が絶妙。

こちらもまた、洗練されたものを感じます。

無地場を大きくとることで、抜け感のある絣柄を実現しています。

お洒落ですねえ・・。

進歩を続ける琉球染織は、洗練の絣の宝庫

図らずも、二つのコーディネートは沖縄の織物「琉球染織」に属する作品です。

強い日差しに負けない発色や、大らかな表現は実に懐が深く、着る人を素敵に魅せてくれます。

なにものにも縛られない、独立型の染織作家さんの作品はもちろんなのですが、今、私の眼には産地の染織、特に沖縄の作品が新鮮に映っています。

不思議です、人間、やっぱり一周回って原点に・・ということはあるものです。

絣柄にも洗練されたものは、あります

当店のセレクトの基準として「洗練されている」というのはとても大切なことです。

ですが、その洗練の解釈がワンパターンになってもつまらない。

いわゆるドレッシーな織の着物に感じる洗練はもちろんなのですが、伝統的な染織の中に新しい意味での洗練を見つけることも、私にとってライフワークです。

今年は目にも新鮮な「すっきり絣」に挑戦してみませんか?

作品担当 井上英樹

欲しいもの、お困りごと、作品担当が解決いたします

「自分の着物にあう帯を見つけたい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

常に産地に足を運び、作家さんとものを作り、お仕立てを知り、そして繋ぎ手の問屋さんとも情報を共有しています。

あなたのお悩みやこだわりをお聞かせください。お答えご用意いたします。

お求めや各種ご相談:
044-863-8325 / メールとLINE

※公式通販サイトでも高品質なサービスをお約束
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (17時以降や土日など時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)
※代表電話番号 044-750-9557

instagramより
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました