麻の着物を着こなすヒント!今年の小千谷縮は「きれい目」に着る

織田工房 小千谷縮 「雪輪・千成堂セレクト」 着尺 灰水色

今回は、千成堂の「麻」をテーマにした最新コーディネートのご紹介です。

すっきりとした小千谷縮の着尺×リユースの麻地の九寸名古屋帯に合わせた小物がアクセント。和小物さくらさんの絽サッカー地の夏帯揚げに渡敬さんの夏帯締めです。夏空を思わせる帯揚げのブルーがなんとも爽やかで美しい。帯締めは敢えて色を揃えず控えめに抑えるのも魅せ方の一つ。

着尺「本麻 小千谷縮 雪輪 千成堂セレクト」にリユース帯「麻地の経緯絣」を合わせる

着尺は「織田工房 小千谷縮(本麻・オーガニックラミー糸) 」です。配色は、一見「白」に見えるかもしれませんが、そこは単純では無い「灰水色」。100種類以上の見本の中から当店で色柄厳選、新規に織り上げていただいた1点の色めとなります。小千谷縮は浴衣のもう一つ上、気負いのない洒落着の一つといったところです。何より嬉しいのはホームクリーニングが可能で、すぐに爽やかに乾くところです。

合わせた帯は「麻地の経緯絣・十字全通柄」 八寸名古屋帯。経緯絣で十字を全通に織り出した麻の八寸名古屋帯です。絣は白を薄藍で縁取り作者のセンスを感じさせます。深みのある紺色に白が爽やか、大人っぽい爽やかさのある一品です。

着尺「本麻 小千谷縮」で魅せる様々な表情を楽しんで

夏の着尺は「透け感」をどこまでも堪能していただけたらと思います。合わせる長襦袢で変化する表情も楽しんで。こうして見てみるだけで、帯はどんな帯でも合わせやすくどれを合わせても「私らしさ」が見つけられそうです。

この夏は千成堂の「麻」で決まる

この夏、当店が推すのは「麻」。今年の夏は、麻の持つカジュアルさを極力抑えて、涼し気に綺麗に着るのはどうでしょうか。色味や帯回り、小物使いにヒントは色々ありそうですね。

今までの麻のイメージを飛び越えて、自分らしく素敵に楽しんでいきましょう!

スタッフ マキコ

自然布の帯と夏仕度 オンライン展

360度見回せます。右下のボタンで全画面表示もできます。

初心者から上級者まで、LINEとメールでお答えいたします

「自分の着物にあう帯を選んでほしい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「呉服屋さんに入れなくて・・」
「式典のコーディネートを任せたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

まずはあなたの「こう着たい」をメールかLINEでお聞かせください。別注品からリユースまで駆使して、間違えのないご用意を致します。

ご相談と掲載品のお求め:
044-750-9554
メールとLINE

※公式通販サイト:
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)

instagramよりコーディネート
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました