「夏を制する者は和装を制す!」着物を涼しく着るコツ4つ

もう、すっかり暑い日が続いております。私自身が「涼しく着る」をもう少しきちんとやっておくべきでした!という事も起こったばかり…。

着物が好き、もっと楽しみたいあなたには、夏こそ着て欲しいと思います。夏の着姿は格別で極めたくなります。ですが問題はやはり暑さだと思いませんか?

そんな昨今です。暑さに負けず涼しく着る代表的なコツをここでご紹介したいと思います。

コツ1 肌着を変えて補正する

肌着は夏用に「リネン汗取り肌着」などに変更します。夏の下には特にキュロットの形がおススメなことから「リネンキュロット」などが良いでしょう。そして補正は「暑さ」と「体型に余計な厚みを持たせたくない」という両面から控えたくなる方が多いと思いますが、これは実は逆効果。

暑いからこそきちんとした補正をするべきです。

大切なお着物や帯に汗が届かないためにも補正は汗取りの役割があるのです。そして、何よりきちんと補正をしてなるべく簡単に美しく着ることは涼しいまま着付けができる&暑さによる気崩れ防止の基本となります。よって、必要な補正は必ず行いましょう。

コツ2 長襦袢を「洗える」爽やかなものにする

肌着や補正を整えたら続くは長襦袢です。夏の長襦袢は着た後はすぐにお手入れしたくなると思いますので洗える長襦袢をおススメいたします。「小千谷 本麻襦袢地」の麻絽や絽ちぢみの白はまず持つ1枚に良いでしょう。

まず持つ「白」を持ったら2枚目からは薄物で透け感のコントラストが楽しめるのが夏物の魅力でもありますので、その際には中に合わせる襦袢も外に影響することを考慮してコーディネートを考えながら長襦袢のお色を選ぶと良いでしょう。

洗える長襦袢で清潔を保ち、スッキリと涼やかに着こなしましょう。

コツ3 部屋を冷やしましょう

最後にそんなことですか。という涼しく着るコツはこの全ての事を早めに準備し、着付けをスムーズに涼しい部屋ですることです。

あれが無いこれが無いと慌てたり、着物のおはしょりの長さや帯の長さに戸惑ってしまうと焦っただけ暑くなってしまいます。そして、その着付けの際の熱は着物の中にこもってしまうので、そのようなことが無い様に肝心の着付けの際に涼しく仕上げて欲しいのです。風の通り道を感じながら…。

風の通り道を考えますと帯板を夏用のメッシュの帯板にするなんてことも良いと思います。

コツ4 悩んだら相談する

どのように着るか?は色々な考え方がありますが、私は肌着・襦袢・部屋の温度にコツがあると思います。そして最後の一つのコツは「悩んだら相談すること」です。

最初は「ぱっと良いものを揃えたい」などでも結構です。夏着物のご不明な点を含めてメールやLINEなどでご相談くださいませ。着るお客様の向き不向きに合わせて私たちが最適にお見立ていたします。

スタッフ マキコ

自然布の帯と夏仕度 オンライン展

360度見回せます。右下のボタンで全画面表示もできます。

初心者から上級者まで、LINEとメールでお答えいたします

「自分の着物にあう帯を選んでほしい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「呉服屋さんに入れなくて・・」
「式典のコーディネートを任せたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

まずはあなたの「こう着たい」をメールかLINEでお聞かせください。別注品からリユースまで駆使して、間違えのないご用意を致します。

ご相談と掲載品のお求め:
044-750-9554
メールとLINE

※公式通販サイト:
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)

instagramよりコーディネート
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました