今年、夏の着物はワンピース感覚のワントーンコーディネートで楽しみたい

いよいよ到来した夏の暑い日差しの中、元気よく負けない映える色を楽しむことも良いですが、当店では当店らしく、夏の日差しに美しく溶けるような着姿をご紹介したいと思います。

着物と帯とをワントーンでまとめあげたこちらのコーディネート。「洋服でいうところのワンピースのように。」とは作品担当の井上英樹。着物をワンピースのようにってありそうで無い…夏のワンピースは、イメージするだけで可愛いですよね。それでは、着物で作る夏のワンピースとは、どうなるのでしょうか…作品を見ていきましょう。

こちらは、越後上布の伝統工芸士でもある本田利夫氏の「夏塩沢の着尺」です。地色から柄や配色などを当店らしいオリジナルで制作していただいた作品。大小の絣と2色の配色が、さり気ないこだわりのポイント。この「実は」という絣を画像の様に引き立たせるのも良いですし、美しい透け感を楽しめる生地ですので、その生地感を活かして長襦袢の色に変化を持たせて重ね、井桁絣を淡く消しても良さそうです。

合わせたこちらの帯は、寒ずきの「諸紙布の八寸名古屋帯」です。こちらも、希少な、技術に強い機屋さんに別注した八寸帯地です。「帯地」ですからお好みに合わせた加工も可能なのですが、「そのまま」という風合いを楽しむ面白さも良いものです。自然を味わえる節も可愛らしい。今回のテーマのように「ワンピース感覚」となると、この帯のこの感じは重要です。そして、この帯さえあれば、小物のカラーコーディネートの楽しみは限り無し。通年お使いいただけるところもこの帯のお薦めポイントです。

ワンピースはとにかく一枚でさらっと、という感じなので、そこから、帽子やバッグ&サンダルを合わせて、アクセサリーも「らしさ」で重ねることが出来ることが最大の魅力でもありますよね。ワンピース風の着物コーディネートに当てはめてみると、帽子を日傘にして、カゴバッグや巾着&夏草履や下駄を合わせたら、ピアスや帯留めをお好みで重ねて。自分らしいコーディネートの奥深さをぜひ堪能してみてください。

スタッフ マキコ

欲しいもの、お困りごと、作品担当が解決いたします

「自分の着物にあう帯を見つけたい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

常に産地に足を運び、作家さんとものを作り、お仕立てを知り、そして繋ぎ手の問屋さんとも情報を共有しています。

あなたのお悩みやこだわりをお聞かせください。お答えご用意いたします。

お求めや各種ご相談:
044-863-8325 / メールとLINE

※公式通販サイトでも高品質なサービスをお約束
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (17時以降や土日など時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)
※代表電話番号 044-750-9557

instagramより
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました