夏の終わりのお着物は「あえての秋色!」が楽しい

あいにくの梅雨空が続き、着物を楽しみたい人には少し我慢の時期ですね。ですが、梅雨が明けますといよいよそこには全力で夏きものを楽しむ季節がやってまいります。

夏のお着物の準備は万端ですか?お外に出られない日にコーディネートを考えて遊んでいますか?千成堂でも続々と夏物が揃い、揃ったかと思うと皆様の元へお嫁入りしていき感謝の日々ですが、今回はそんな夏物の中から、少し珍しいブラウン系のお着物をピックアップ。

多くの方が、お着物で一枚目に茶色はあまり選ばれないと思うのですが、いかがでしょうか。ベージュでは無く、茶色。そんな何枚か夏着物をお持ちの方に、是非落ち着きのあるブラウンをお薦めいたします。

実は、組み合わせ無限!?な茶系のお着物

一点めから「究極の逸品」からご紹介させていただきます。こちらは平良敏子さんの率いる「喜如嘉の芭蕉布」に、糸数江美子さんの作品「八重山上布の名古屋帯」を合わせたコーディネートです。どちらも流石の逸品。優しさと力強さを兼ね備え、果てしない奥行きを感じられる作品です。そしてなんと言っても着物も帯もその作品の持つ奥行きゆえか、コーディネートが無限に楽しめそうなのです…

どうでしょう…この織物から感じられる澄んだ空気、爽やかな風…一生に一度は纏ってみたいと思わせる喜如嘉の芭蕉布。色もこうして見ますと、実は「茶色」と一言で言ってはいけない色をしているのがお分かりいただけますでしょうか。「藍が入っていて実にキレの良い甘みの無いブラウン。」とは作品担当の井上英樹。実に良い色めです。夏の茶色をすっきりと着こなす女性も良いですが、こちらの着尺はある程度、男性のお仕立ても可能となっております。男性がこちらを着こなすお姿もイメージするだけで素敵です…全てにおいて非常に希少な一反です。

合わせた糸数氏の八重山上布の帯、こちらも一言では表現できない色みをしていて第一印象は「かわいい」本物の大人の可愛いで、明るい色からダークな色まで合わない着物の色あるかしら?と思うほど、着姿を魅せてくれる帯です。自然の恵みを通して生まれる世の中に二つと無い色と風合い。じわじわ浸透する魅力があります。

コーディネートを引き上げる帯締めは、中村航太氏の配色・デザイン「矢羽根」。職人さんが手組みした大変締め心地の良い夏帯締めとなります。こちらがあればコーディネートがきりっとまとまり、単衣から夏きものまでの着姿が確実にランクアップする、重宝する帯締めになること間違いなしです。

秋の近づきを感じたら、涼やかな夏着物の色だけを秋色に

こちらは、星野織物「麻駒上布の着尺」と栗山工房の「本大麻九寸名古屋帯」の染め夏帯を合わせたコーディネート。大人のかっこ良さを極めたビターなブラウンを楽しむ提案です。こちらのコーディネートで、ただただカッコイイだけでは無い、千成堂の良さを私が感じるのは合わせた帯締め。和小物さくらさんの帯締めなのですが桜色に藍鼠のぼかしが入ります。この仕上げにピンク×藍を差し込む当店の井上和子のスタイリング、大好きです。

この麻駒上布の着尺のブラウンも茶一色ではございません。白のストライプが入る中に節があり、その節に微妙に揺らぎが感じられ味わいがあります。そして、こちらも先にご紹介した芭蕉布同様、男性のお仕立ても可能な広幅となっております。落ち着いた夏を男性でも女性でも堪能できるブラウンは「盛夏は勿論のこと、夏の終わり、そろそろ秋を先取りしたい頃に、素材は夏で色めは秋として纏うのをお薦めしたい。」とは井上和子。秋を感じる夏の終わりの夏着物とは、かなり洒落ていて、その季節の楽しみ方はぜひやりたい!です。

合わせた帯は、栗山吉三郎 本大麻九寸名古屋帯。京紅型の染め夏帯です。よく「可愛い可愛い」と連呼してしまう私ですが、こちらはさすがに可愛さとは遠い大人の渋さの極みです。地色から花鳥蝶文様の配色まで実にシックで素敵です。ここまでシックですと、帯締めや帯揚げなどの小物で遊べるのもコーディネートの楽しみですよね。最近、個人的にファッションでグリーンが目に留まるので、グリーンの帯締めも締めたくなるかも…なんて妄想をしたり。

ブラウンは、可愛い色と相性が良い

こちらが今回のコーディネートで私が一番好きな和小物さくらさんの帯締めです。素晴らしい逸品が溢れる中でこの帯締め…ですが、この配色可愛い!そして、それを茶色に合わせる所が痺れます。そう、茶色は派手な色めにも柔らかく寄り添うカラーになるところが魅力の一つ。黒や白だとはっきりし過ぎるところ、ブラウンですと一気に優しく柔らかい洒落感が出ます。

最後3点は現在、当店にある和小物さくらさんの夏用の帯揚げの白となります。今回ご紹介したコーディネートの様にとにかく白系の帯揚げは一枚持っておくと重宝します。

さて、夏の終わりに楽しめる茶色のコーディネートはいかがでしたでしょうか。茶色と一言で言ってもブラウン系の色めは幅広くあります。ぜひ、ご自身に似合う茶色を選んで、帯や小物の配色でコーディネートをお楽しみください。茶色って想像以上に配色で遊べるものですよ。

スタッフ マキコ

欲しいもの、お困りごと、作品担当が解決いたします

「自分の着物にあう帯を見つけたい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

常に産地に足を運び、作家さんとものを作り、お仕立てを知り、そして繋ぎ手の問屋さんとも情報を共有しています。

あなたのお悩みやこだわりをお聞かせください。お答えご用意いたします。

お求めや各種ご相談:
044-863-8325 / メールとLINE

※公式通販サイトでも高品質なサービスをお約束
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (17時以降や土日など時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)
※代表電話番号 044-750-9557

instagramより
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました