「一瞬で私の心を動かす、響く」吉田史さん(OLD TO NEW)の帯留め・ピアス・イヤーカフをご紹介させてください

こんにちは、スタッフ マキコです。当店で吉田史さんの作品の展開があると聞いた日から、入荷の日を心待ちにしていました。どんな作品が入荷するのだろう…でも、きっとどれも可愛いはず…そう思える史さんの作品。実物を見たことが無くても、何が入るか分からなくても、断言できてしまう…どれも「好き。」

今回はそんな吉田史さんの入荷した作品を全てご紹介いたします。

着姿の「主役」になる吉田史さんの帯留め

吉田史さんに別注した帯留めと藤山千春 吉野間道帯を色無地にコーディネート

こちらは、「染の川勝の色無地」に「藤山千春氏の吉野間道帯」を合わせたコーディネート。小物は、渡敬さんの帯揚げと帯締めに、今回、このブログでご紹介するメインである吉田史氏の帯留め「たんぽぽとりんごの花」を合わせました。ワントーンでシンプルですが、一つ一つが完璧で隙の無い、それぞれが引き立つ大好きなコーディネートです。その大好きなコーディネートをまとめ上げる今回メインの帯留め、いかがでしょうか。さり気ないワンポイントですが、美しい上品な着姿が仕上がりますよね。有りと無しでは大違いです…断然有りが良い。

着物を着たくなる「響く」帯留めとの出会い

吉田史さんに別注した帯留め「向かい合う鳥」帯留

帯留めの作品名は「向かい合う鳥」。帯留めは、どれも当店がお願いをして作成していただいた別注品となります。史さんはその昔、この「向かい合う鳥」のデザインで象牙を使った物をご友人にプレゼントしたことが、史さん初の帯留め制作だったそう。ちなみに私もオーダーさせていただいたものがこちらのデザインになるので、後から史さんの贈り物と一緒のデザインと知って嬉しかったです。

私は元々、鳥のモチーフが大好き。やはり大空を飛べる姿には自由を、枝に留まりさえずる姿には平和を感じて、鳥は幸せが溢れる愛らしさが満点です。

吉田史さんに別注した帯留め「遠くの雷」帯留

帯留めの作品名は「遠い雷」。大切な自然の恵みがすぐそこまできていることを知らせる遠雷…その姿や形は見えなくても存在が圧倒的である遠雷…それは史さんの理念を感じることでもある遠雷。あなたにとって響くもの、遠い雷とは、なんでしょう。

帯留めの中央にはムーンストーンを使用しています。月の輝きを結晶にしたとも言われる聖なる石、ムーンストーン。お守り的な意味を持つのも素敵。6月の誕生石でもあるので、贈り物にも意味を込めて。次回はこのムーンストーンがルチルクォーツ(石のカラーはシルバー系)に変更になるので是非そちらもお楽しみにお待ちください。ルチルクォーツは活力になる石でもあるので、前に進みたい方や行動力を高めたい方にもおススメです。

そういえば、遠雷の季語は「夏」。もしもコーディネートに意味を含んで楽しむなら、夏に合わせるのも有りですね。

吉田史さんに別注した帯留め「たんぽぽとりんごの花」

こちらは、最初に着姿でご紹介した帯留め「たんぽぽとりんごの花」。コーディネートでは斜めからの角度になりましたが、正面からの愛らしいデザインもご覧ください。たんぽぽとりんご、可愛いが寄り添って春が優しく閉じ込められた作品です。ぷっくりとした明るい未来が感じられる蕾にも思わず笑みがこぼれます。

正直、帯留めが無くても着れる和装。この帯留めのために「着物を着よう!」という心が動くほどの作品ってそう出会えるものではありません。それが、史さんの作品はそこまで思える、思わせてくれるものなのです。

身に着けるもので幸せになる、あなたの「大切を築くもの」

吉田史さんに別注した「すずらんのイヤーカフ」
吉田史さんに別注したピアス「白山吹」

こちらの2点は、洋装でも和装でも楽しめるアクセサリー「すずらんのイヤーカフ」と「白山吹のピアス」です。可愛いですよね~眺めているだけで頬が緩みます。身に着けるものはやっぱり自分自身のhappyで溢れさせたい。吉田史さんの作品は、私の心がいとも簡単に動いてしまう作品です。

いや、私の心だけではありません。店頭入荷分は即完売。その後、オーダーをお受け致しましたが、こちらもご好評をいただきまして、あっという間に終了となりました。次回の入荷は、夏の頃を予定しております。入荷のお知らせはお受けしておりますので、次回を逃したくない方は是非ご連絡をお待ちしております。

普遍的なものを大切にしながら、新しい形として継続して行くことへの願いを込めた吉田史さんのブランド「OLD TO NEW」は、いちスタッフの私が申し上げるのは大変おこがましいですが、着物という長く永く続くジャンルで過去を大切にしながら、新しい風を吹かせて前へ進もうとする千成堂に流れる気持ちとリンクするものを感じます。

「大切を築くもの」そんな言葉が浮かんだ吉田史さんの作品。私が楽しんだ後、娘も大切にしてくれたら嬉しいな、なんてことも思いながら…夏の新作も今からとても心待ちにしています。

スタッフ マキコ

欲しいもの、お困りごと、作品担当が解決いたします

「自分の着物にあう帯を見つけたい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

常に産地に足を運び、作家さんとものを作り、お仕立てを知り、そして繋ぎ手の問屋さんとも情報を共有しています。

あなたのお悩みやこだわりをお聞かせください。お答えご用意いたします。

お求めや各種ご相談:
044-863-8325 / メールとLINE

※公式通販サイトでも高品質なサービスをお約束
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (17時以降や土日など時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)
※代表電話番号 044-750-9557

instagramより
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました