型染め作家 関美穂子さんに別注した名古屋帯「花園」が届きました

作品担当 井上英樹です。

関美穂子さんから新作の帯地が到着いたしました。

こちらは、私、井上 英樹が配色のアイディアをお伝えして、考えていただいた当店のオリジナル作品となります。

関さんは50代でも若手と言われる、この業界において、年齢的にはきっと若手の中の若手です。ですが、今回、届いた帯に感じる空気は、もはや若手という表現は似合わない、群を抜いた世界観でした。

関美穂子「花園 / 千成堂着物店別注色」紬地に型染 九寸帯地

関美穂子さんの型染帯「花園 千成堂着物店 別注」
参照 : 関美穂子 作品 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ
関美穂子さん別注の型染帯「花園」と作品担当 井上英樹
参照 : 関美穂子 作品 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ

スカーフから着想する配色

こちらは「とあるスカーフ」から着想をいただきました配色ですが、今回の作品にはとても難関のポイントが多く、関さんにはとってもご苦労を掛けてしまいました・・。

まず、この花園という柄は、濃い地色に白い花を浮かせるような表現に特徴がある柄です。

今回、オリジナリティーを出すため、配色を反転させて、制作をいただきました。

そのため、通常とは全く異なる、薄い地色の帯になっているのです。

関美穂子さんの型染帯「花園 千成堂着物店 別注」の柄全体図
参照 : 関美穂子 作品 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ

そのため、今までとは配色の感性が異なり、大変に苦心されたと聞いています。

彩度の高い配色を咀嚼して、関さんの色に昇華する

着想の元になったスカーフは明度・再度の高いものでした。

仮に、そのままの感覚を再現する場合、染料ではなく顔料が正しい選択です。

そのため、帯地から浮かず馴染む染料を使う関さんには、同じ世界観は出しにくいのです。

ですが、制作を受け入れていただけたのです。

普通、自身の世界観に遠く離れた依頼は、作家さんから断りが入るケースが多いです。少し遠い世界観に挑戦をいただけたことに、ある種の感動がありました。制作にしっかりと時間をとっていただき、じっとお待ちしておりました。

一度、関さんが色を含み、咀嚼し、自身の世界観に再度描きなおす。

本当に、贅沢な依頼となってしまいました・・。

関美穂子さんの型染帯「花園 千成堂着物店 別注」の垂れ色
参照 : 関美穂子 作品 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ

また、たれの部分は、今回も重ねて色を染めて、質感を高めていただきました。

紬の地風と相まって、良い風合いです。

白地の帯の難しさ

おそらく、柄部分を白地にしてしまうと、少し物足りなかったのでしょう。

柄の部分は白ではなく、ベージュ系の地色に仕上げてあります。

このため、ポップで愛らしい、花たちの世界観に「落ち着き」や「渋み」が重なります。

関美穂子さんの型染帯「花園 千成堂着物店 別注」の生地感と柄
参照 : 関美穂子 作品 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ

ご自身の世界観「愛らしい、ポップ」さの中に、しっとりと落ち着いた「こなれ」が加わり、二層に世界の広がりを感じさせます。

これはもはや「若手」という表現が似つかわしくない、一つ飛びぬけた表現力だと思います。

関美穂子さんの帯をどうコーディネートするか

関美穂子さんの型染帯「花園 千成堂着物店 別注」の帯前 コーディネート
参照 : 関美穂子 作品 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ

早速、コーディネート担当である母 井上和子が構成を考えてくれました。

横山俊一郎さんの三才山紬を合わせた紬コーディネート。

ワントーンを超えた、同トーンの表現がまさに、今のバランス感です。

そして、衿秀さんから入荷した、素敵な色味の絞りの帯揚げで、盛ったコーディネートです。

また、濃い色の結城紬や大島紬などに合せても、きっと合うのではないでしょうか。

お手持ちの着物に新鮮な表情を加えてくれる、便利な帯でもあります。

今回、撮影では大島紬の蚊絣を着ていましたが、私が女性だったら、この帯を合せると思います。

参照 : 関美穂子 作品 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ

関美穂子さんの帯は主役でもあり、名バイプレーヤーでもある

私や、母であるコーディネート担当 井上和子は、無彩色のグレーだけがお洒落で現代的な着物だとは、もう考えていません。

楽しさを感じさせる色彩や、どこか力の抜けた雰囲気の妙味にシンパシーを感じています。

今、お勧めをしている、明るいウォームな着物コーディネートにも、きっとこの帯なら花を添えてくれると思います。

主役として十分足りる「関さんの型染の帯」ですが、少し落ち着いたニュアンスのこちらは、存在感を放つ、名バイプレーヤーでもあるのではないでしょうか。

今回の作品も、お勧めできる完成度に仕上がりました。

是非、あなたの感性で、新しいスタイルを完成させてください。

関美穂子さんの型染帯「花園 千成堂着物店 別注」の帯前
参照 : 関美穂子 作品 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ

作品担当 井上英樹

自然布の帯と夏仕度 オンライン展

360度見回せます。右下のボタンで全画面表示もできます。

初心者から上級者まで、LINEとメールでお答えいたします

「自分の着物にあう帯を選んでほしい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「呉服屋さんに入れなくて・・」
「式典のコーディネートを任せたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

まずはあなたの「こう着たい」をメールかLINEでお聞かせください。別注品からリユースまで駆使して、間違えのないご用意を致します。

ご相談と掲載品のお求め:
044-750-9554
メールとLINE

※公式通販サイト:
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)

千成堂の別注品
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました