大月俊幸さんに別注した帯は、狙い通り「緻密で甘いニュアンスカラー」です

先日、長野県の松本市の工房を訪ね、大月俊幸さんに当店のオリジナルとしてお願いした「綾織の絣帯」がいよいよ完成いたしました。「秋には発表したい」とお願いしていたこともあり、時間通りの到着です。

長野県松本市の染織家 大月俊幸さんに別注した名古屋帯の解説

大月さんは国展でも入賞した実力派の若手染織家、奥様である久保原ゆかりさんも、同じく染織家として活躍しています。

お二人とも本郷孝文さんに師事しており、民藝にもルーツを感じさせます。

大月俊幸 千成堂着物店別注 綾織 経絣の名古屋帯
参照:大月俊幸 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ
大月俊幸 千成堂着物店別注 綾織 経絣の名古屋帯の帯前
参照:大月俊幸 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ

今回、大きなテーマは「甘い帯」。トレンド感のあるニュアンスカラーをどう表現するか、がポイントでした。

大月俊幸 千成堂着物店別注 綾織 経絣の名古屋帯を久米島紬とコーディネートする
参照:大月俊幸 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ

先にコーディネートから見ていただくとわかるのですが、まさに洋服感覚、ファッション感度の高いニュアンスカラーです。

茶系の久米島紬と合わせましたが、草木染の着物である久米島紬は自然にニュアンスカラーです。

今、「くすみ感のある色=ニュアンスカラー」が色彩デザインの大きなトレンドです。

例えば自動車や建築、内装、様々です。私は、着物もその中に大きく関わっていくべきだと思います。そもそも、草木染や天然の繊維を使う着物はニュアンスカラーを得意とする分野。きっとファッションの世界に影響を与えることができると思います。

長野県松本市の染織家 大月俊幸さんに別注した名古屋帯を見る
参照:大月俊幸 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ

さて、ではなぜ、女性に向けた作品を男性作家に頼んだのでしょうか、これは理由があります。

女性が手掛ける作品には、適度な遊びとふんわりとした空気が漂います。普通に考えて、ニュアンスカラーという遊びのある配色や意匠のデザインをするときには女性が適任です。

ですが、私は敢えて男性にお願いすることを考えていました。それは、ニュアンスカラーという甘い世界に、どこかピリリとしたスパイスをきかせて、高級感のある緻密な世界観を演出したかったからです。

今回、代表作である「綾織の絣帯」にはニュアンスカラーという表現と、「精密」なアレンジが加えてあります。

大月俊幸 千成堂着物店別注 綾織 経絣の名古屋帯のスケッチ
参照:大月俊幸 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ

私が今回特にお願いを聞いていただいたのは、色はもちろん「絣足の長さ」と「絣の形」です。

大月俊幸 千成堂着物店別注 綾織 経絣の名古屋帯のアップ
参照:大月俊幸 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ

以前、完成していた作品を仕入れたことがありますが、絣の立涌に大月さんならではの緻密で几帳面な世界感がありました。今回、そこにさらに遊びをいれて、世界観をもう一段作りこみました。

経糸の絣の色がぼけて見える絣足、それを意識して長めに出してもらいました。また、打ち合わせの時に「線を入れたらどうだろうか?」というアイディアをいただき、柄の一部分に染めていない経糸で白いラインを加えています。

このラインは、さりげなく柄を構成している格子につながっており、作品の持つ世界観を一味違うものに変えています。

大月俊幸 千成堂着物店別注 綾織 経絣の名古屋帯の格子部分
参照:大月俊幸 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ

また、絣でつくられた模様も菱型ではなく、少し変形させてもらっています。結果、柄に浮上するような躍動感が生まれています。

私は、この帯を見たとき「MINI」の車を思い浮かべました。それは、男性が中心の車というプロダクトデザインの世界に、感性の豊かな女性が反応して、「車はお洒落で楽しいもの!」ととらえる感覚です。

長野県松本市の染織家 大月俊幸さんに別注した名古屋帯の解説
参照:大月俊幸 / 千成堂着物店 公式オンラインショップ

私は、大人の女性が楽しんでくれて、周りの話題になるような着物や帯を作りたいと思っています。そのためにもファッションの感性やトレンドの適度な輸入は着物の世界にも必要だと思っています。

もちろん、トレンドだけではいけません。普遍的に美しい、完成度の高いずっとご愛用いただけるような作品にバランスをとらないといけません。

今回は例によって技法の解説がメインですが、基本的なところ「大人の女性こそ楽しめる、アートで上質な帯」が大月さんの手から生み出されたことが、とても嬉しいです。

当然ですが、他では手に入らない千成堂着物店オリジナルの作品となっています。感度の高い、洋服感覚の着物を目指すあなたに・・心からお勧めいたします。

作品担当 井上英樹

「あなたの素敵を引き出す、わからないをなくす」間違いのない着物パーソナル・コーディネートをご案内しています

お好み、お席、お手持ち品やご予算、お困りごと・・・まずは、メールかお電話でお話を聞かせてください。一人ひとりに合わせて考え抜かれた、間違いのないご提案をいたします。品川駅から約28分 川崎市に完全予約制の店舗あり。美しいキモノ・きものSalon掲載店 / TVドラマ・WEBメディアにも協力しています。

※最新の在庫状況は公式通販サイトをご覧ください。
https://www.sennarido-kimono.com/

お求め・コーディネートのご相談:
044-863-8325 / メールとLINE

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (17時以降や土日など時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)
※代表電話番号 044-750-9557

作品・商品を知る
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました