多ち花さん別注「ガルーダ」帯をメインにしたコーディネートのご紹介

今回ご紹介する多ち花(たちばな)の九寸名古屋帯

「ガルーダ」は、今までのガルーダと柄ゆきは同じですが、何が新しいかと言うと生地感の違い。今回の新作は、春夏を意識した透け感のある帯地となっております。その帯地の違いから、伝わる印象までもが変わるのがデザインの面白いところ。

それでは、インスタグラムでもご紹介したこの「ガルーダ」帯をメインとしたコーディネートを見ていきましょう。

今回コーディネートのメインとして選んだのは新作、多ち花(たちばな)の九寸名古屋帯「ガルーダ」。多ち花さんのモチーフの中でも普遍的な人気を誇る逸品に、当店の意向を含んでいただいた別注作品です。いかがでしょうか。ぐっと惹き込まれるような帯。中でも、ひと際惹き込まれるこの鳥がそう、ガルーダです。ガルーダとは空想上の神鳥のこと。

この「神鳥 ガルーダ」が一見すると強いのですよね…そこで、個人的には一歩引いてしまう。「しかし」なのです。やはりこの帯にはこの鳥がとても効いていて、だからこそ「良い」のです。本当に合わせる着物を格段にランクアップして魅せてくれます。最初から「これ!」というより、一見難しそうに感じるこの帯。ですが、じわじわ気になり、忘れられず、合わせてみると他の帯が考えられなくなるような不思議な魅力がある帯なのです。実際にコーディネートをしてみると、それは直ぐに実感していただけると思いますので、気になっている方は是非お手に取って、その感覚を味わっていただきたいと思います。

メインのガルーダ帯に合わせたお着物は、川口織物さんの「本場大島紬 雪輪重ねの地空き」です。こちらは一つ上の風合いの大島紬です。普遍的な雪輪文様。濃淡で表現される愛らしい六花。地空きのバランスが光るセンスの良い飛び柄です。大島紬はその着やすさ、動きやすさも魅力の一つですが、その上、この様なセンスの良い大島紬は、なかなか出会えるものでは有りません。帯も強いものからシンプルなものまで合わせやすく、ヘビーローテーションになること間違い無しです。

コーディネートの仕上げに合わせた小物は、どちらも渡敬さんの帯揚げと帯締め。桑茶色の帯揚げは今回のコーディネートに限らず、アクセントに使用しやすい色めです。そして、帯締めは、上質なカジュアルをまとめるのにこれ以上の帯締めは無いと言える渡敬×平田組紐の帯締め。1本は欲しいとは思いつつも、いくつもある配色の中から自分にはどの色かと決めかねている方も多いかもしれません。きっちりとはっきりした配色がお好み&お似合いの方には是非おすすめしたい最高に美しいグラデーションの帯締めがこちらです。

今回のコーディネートで使用した物は、一式で揃えていただくのは勿論のこと、単品で見ても、お手持ちの物にしっくりと合いながら更にランクアップした着姿になる一つ一つとなっております。ご自身の大切な物に是非プラスして新たな装いをお楽しみください。

スタッフ マキコ

自然布の帯と夏仕度 オンライン展

360度見回せます。右下のボタンで全画面表示もできます。

初心者から上級者まで、LINEとメールでお答えいたします

「自分の着物にあう帯を選んでほしい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「呉服屋さんに入れなくて・・」
「式典のコーディネートを任せたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

まずはあなたの「こう着たい」をメールかLINEでお聞かせください。別注品からリユースまで駆使して、間違えのないご用意を致します。

ご相談と掲載品のお求め:
044-750-9554
メールとLINE

※公式通販サイト:
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)

instagramより
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました