小島沙織さん別注の名古屋帯、染め見本が届きました

小島沙織さん別注名古屋帯の染め見本

小島沙織さんから帯の染め見本が届きました。

紙のパネルに丁寧に納まって、この時点でもう好きすぎる。

九寸名古屋帯地 「Palazzo della Ragione(ラジョーネ宮)」を弊店のイメージで配色いただいた新作となります。

生地も複数のご提案をいただいた中から、丁寧に選びました。全てに良いのですが、現時点、最も雰囲気に合う「ある紬地」で決定です。

小島沙織さん別注名古屋帯の染め見本

まだ、ここには詳細は書けませんがお問合せいただければ、分かる範囲でお答えします。

完売後のお問合せも多いです。ご予約や入荷情報が欲しい、また配色オーダーをご検討の方は、必ずお早めにご連絡下さいませ。

おそらく、弊店の別注作品の発表は4月?頃かと思います。

前回の配色はこちら「真夜中」のイメージです

参照:小島沙織 / 千成堂着物店 公式オンラインショプ

小島沙織さんという人

小島さんは現在デザイン事務所「SHIMA ART & DESIGN STUDIO」を運営しています。

美術展の企画、エディトリアル、WEBのグラフィックやイラストのディレクション、また、パートナーの島田さんと共に「WARP WOOF 139°35°」という手織布プロダクトのブランドも運営されています。

WARP WOOF 139°35°のカードと樹の鞄亀井さんの熊
東京駅のポップアップでカードを買いました、熊は樹の鞄の亀井さん

染色作家というよりはデザイナーという捉え方がしっくりきます。図案から染色までを手掛ける「型染め」もご自身で手掛けており、この帯もその表現の一つです。

そして、全てにおいて説得力があるのは、小島さんという人のルーツにもあります。まず、御祖父様はあの芹沢銈介に師事し、民藝運動に参画した型染め作家「小島悳次郎」さんです。

上記のinstagramアカウントも小島さんが運営、貴重な資料が盛りだくさん。

「WARP WOOF 139°35°」の手織り布を手掛けるお母さまも国画会の染織家。妹さんも国展で新人賞を受賞した若手の染織家です。

ご本人もヨーロッパ各国を巡り、実地で見た景色や感動を蓄積。デザインに生かす様々な紙や布を膨大にストックして、さらにどんどん増やしているそうです。

何というか向き合い方が全く違う。

この手の話はどうしても「先代はすごかった」的になりがちなのですが、はっきり言いまして、小島さんはその話では説明ができません。

受けた影響を咀嚼、感性と融合。妥協なく収集された素材の上に描きあげるのは他ならぬ自分自身の表現なのです。

日本民芸館の画像

日本民芸館の公募展でも作品は入選。

実際に現地で見ましたが、まさに火の玉ストレートの民藝。生地との染のマリアージュが半端ではなく、見とれてしまいました。

技巧だけでも、意匠だけでもなく、まさにそれは「空気感」懐古趣味ではなく、フレッシュでもある。一階と二階をうろうろしながら見えた映像を噛み締めました。

なんというか、文章にはしにくいものです。

ちなみに、譲ってもらえるように頼んでいたのですが公募展最終日に完売!手にした人は幸せ者です。

小島沙織さんの年賀状

そして、「手を動かすのが好き」というのが表現に大きく影響していると思います。

これは2022年の年賀状です。

和紙を裂き平織に織り上げてあります。

この年賀状が届いたとき「この人は心底手を動かすのが好きなんだな」と感動しました。虎っぽい感じでもあり、布に携わる意思表示であり、プロダクト&グラフィックデザインでもある。

「アートは文字の情報量を遥かに超えた言語」

誰が言ったか、まさにそのものでした。

(※喪中なのにうっかり送ってしまった!とすごく謝られたのですが、年賀状は母にも見せたいくらい素敵なので、良く見せておきました笑)

私は作品への評価に没頭するのも好きなのですが、小島さんについては「生き方・表現・すべて作品」であって一つの作品だけをすくいあげて、評価するだけでは足りないと思っています。

これから伸びていく枝葉も、そこに実る実も。

すべてが楽しみな人です。

作品担当 井上英樹

自然布の帯と夏仕度 オンライン展

360度見回せます。右下のボタンで全画面表示もできます。

初心者から上級者まで、LINEとメールでお答えいたします

「自分の着物にあう帯を選んでほしい」
「ネットの掲載品を実際に見たい」
「合うサイズの草履がない」
「お洒落なコーディネートがわからない」
「着物が着にくいので、仕立て直したい」
「紬をはじめたい」
「呉服屋さんに入れなくて・・」
「式典のコーディネートを任せたい」
「芭蕉布や上布など、特上品が欲しい」
「染織家の●●さんの作品が欲しい」

まずはあなたの「こう着たい」をメールかLINEでお聞かせください。別注品からリユースまで駆使して、間違えのないご用意を致します。

ご相談と掲載品のお求め:
044-750-9554
メールとLINE

※公式通販サイト:
https://www.sennarido-kimono.com/

営業時間:
10:00~17:00 土日祝祭日定休 (時間外営業はお問い合わせください)

アクセス:
211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-18-22 Nビル3F → 地図
※駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください(成約時割引あり)

千成堂の別注品
千成堂着物店のブログ
タイトルとURLをコピーしました