【写真でわかる】小紋の着物コーディネートと選び方【大人向け】

最もベーシックな着物の一つ「小紋」。普段着や街着として着こなすことが多いと思いますが、着物と帯の選び方次第では色々なシーンに対応する便利な着物です。今回は「小紋」の着物コーディネートについて詳しくご紹介します。

大事です。大人に似合う小紋をまず選ぶこと

小紋の着物はいろいろな種類があります。大人の着物コーディネートを目指すなら、一番のお勧めは飛び柄の小紋です。飛び柄の小紋というのは、無地の部分を多くした柄がとびとびに配置された小紋のことです。

こちらの写真は当店で制作した着物が「美しいキモノ(ハースト婦人画報社)」さんに掲載されたときのものです。非常にエレガントなコーディネートですが、小紋なのです。

一般的に小紋というと総柄の小紋を思い浮かべると思いますが、柄によっては子供っぽい印象や、クラシックな印象です。大人の着こなし、現代的で旬な着こなしを目指すなら、まずは飛び柄の小紋を選びましょう。

帯も総柄の小紋に比べると幅広く選ぶことができます。

飛び柄小紋の帯の選び方

小紋は名古屋帯から袋帯まで様々な帯が合います。特に飛び柄の小紋の場合、総柄の小紋では選ぶことのできない正装向け袋帯まで合わせることができます。

写真は飛び柄の小紋と季節の「茶花」季節の染め帯のコーディネートです。小紋と染め帯はベーシックな合わせ方ですが、小紋を飛び柄のものにするだけでこんなにエレガントにまとまります。

お勧めの帯

  • 九寸名古屋帯(染め・織り)
  • 上質な洒落袋帯
  • 軽い正装の袋帯

お席や着る場面に合わせて帯を選ぶのがポイントです。

例えば、季節のご挨拶やレストランでのお食事の場合は染めの名古屋帯を合わせて。格調の高いホテルでの会食や、準礼装を着る場面ではシンプルな礼装の袋帯や金糸使いの九寸名古屋帯を選ぶ。そんなイメージです。飛び柄の小紋は帯の選び方次第で付下げのような感覚でも着られます。

帯の格を合わせれば、お茶のお席やお稽古にもおすすめです。

セミフォーマルな場面に合う袋帯を選ぶ

袋帯を選ぶ場合、正装の袋帯の中でもすっきりとしたデザインのものを選ぶのがおすすめです。がっちりとした重めの加工の袋帯は小紋には合いません。

写真は洛風林さんのすっきりした袋帯、人間国宝 北村武資さんの「経錦」袋帯です。上質な帯をしっかり受け止めてコーディネートを完成してくれます。

帯締めと帯揚げの選び方は、帯に合わせること。

帯回りの小物の選び方は帯に合わせるのが基本です。名古屋帯ならちりめんの無地帯揚げとゆるぎや柄の帯締めを合わせて。正装の袋帯なら白系の光沢のある生地、金糸の刺繍などの入ったフォーマルな帯揚げ、金糸づかいの帯締めも合います。

飛び柄の小紋はシンプルなので、少し柄のある凝ったものを合わせるのも上級者のコーディネート術。写真は洛風林さんの織りの名古屋帯とのコーディネート。シンプルな着物と帯ですので、ぼかしのある帯締めや控えめなアクセントのある帯揚げを組み合わせてあります。

飛び柄小紋の履物を選ぶ

着物と帯を選んだら、履物もしっかりと選びましょう。上質な足元はさらに着姿を完成してくれます。革の草履もいいですがお勧めは南部表の草履です。飛び柄の小紋は洗練された印象ですので、あまりカジュアルすぎない鼻緒を選んでおくと飛び柄の小紋によく合います。

小紋の着物を中心に着物ライフを設計する

飛び柄の小紋は合わせる帯の幅が広く、様々な席に活用ができる便利な着物。まず、一枚持っておけば着物を着る場面は確実に増えます。そうです、飛び柄の小紋はあなたの着物ライフの中心になる着物です。

「ついつい紬を着てしまう・・」「少し改まったお席にも、普段にも着られる着物が欲しい」そんなあなたにもお勧めの飛び柄小紋。まずは一点誂えてみませんか?きっとお気に入りの一枚になるはずです。

千成堂着物店の飛び柄小紋について

当店で展開する小紋は古典文様の中から松菱・雪輪に波・松丸紋などを選び、金彩を施した高級感あるお品です。生地からこだわりぬき制作を名染匠が担当した、納得の一反です。選ぶ帯に応じて格を上げて、セミフォーマルにもお召しいただけるのはそのため。付下げや訪問着では大げさになるようなお席にも品よくまとまります。

タイトルとURLをコピーしました