帯あわせに悩むあなたに、洛風林さんの新作が刺さる決定的な理由

「工芸帯地 洛風林(らくふうりん)」今年より、正規取扱店として帯地各種をご案内しておりますが、その人気は留まることを知りません。

洗練された意匠、手仕事の雰囲気も感じさせる織りの風合い、現代的な着こなしをブラッシュアップする配色・・まさに語る魅力も尽きません。

当店では”着物のコーディネートをより良くする”ことに、常に取り組んでいますが、これほどまでに帯回りのコーディネートを変えてくれる帯は他にはありません。

先月ご好評のうちに終了した洛風林展ではたくさんの帯をご紹介しましたが、その中から7点、そして新たに3点をセレクトさせていただきました。(一部は完売しております、即決が多いのも洛風林さんの帯の特徴!)

今回入荷した新作も、紬、小紋、色無地、付下げや訪問着など正装やフォーマル・・帯回りのコーディネートに悩むあなたにこそ是非お勧めしたい。帯回りのコーディネートを現代的にしてくれる要素が満点です。

なぜ、洛風林の帯はコーディネートを変えてくれるのか?

着物のコーディネートを考える時に、着物と帯の合わせ方は当然ですが最重要です。

クラシック、アンティーク的な着こなしがお好みの方とは方向性が異なりますが、やはり現代的ですっきりとした帯回りを実現することは、着物コーディネートの一つのゴールです。

その時に、洛風林さんの帯は非常にぴったりです。なぜなら、古典的な意匠を現代的な配色で表現することが、そもそも洛風林さんの作品コンセプトだからです。

また、適度に空間や空気感を演出した意匠使いも、現代的なコーディネート実現の強い味方。

直接洛風林さんとは関係がないのですが、京都の工芸専門問屋さんの社長に教わった印象的な言葉があります。

「女性の作家は”間(空間)”を大切にする。男性作家は”間”を埋める傾向がある。」

ご存じとは思いますが、洛風林さんは当代「堀江 麗子」社長はじめ、女性が活躍するブランドです。

その、女性の感性から生まれる絶妙な”空間”が作品に、絶妙の抜け感と現代的なテイストを表現してくれるのではないでしょうか。

洛風林(らくふうりん)とは

初代 堀江武氏の創業した京都を代表する工芸帯ブランドです。

氏は三宅清治郎 氏、白州正子 氏、河合寛治郎 氏、棟方志功 氏・・とそうそうたる一流文化人との交流を通して、また、海外旅行が珍しかった時代から海外を回り、集めた膨大な資料より、その審美眼を磨き上げました。「真実に美しいものは、常に新しい」という信条をかかげ、時代を超えた美しさを提案しています。

自身はプロデュースに徹し、一流の織屋に織りを依頼するシステムをとっています。

現在は三代目 堀江麗子氏が継ぎ、現代を生きる女性の感性を織り込みさらに飛躍。河村久美さんはじめ、現代きもののファッションリーダーに愛されるブランドとなっています。

3本の袋帯を現代的にコーディネートする

こちらは飛天錦袋帯「雲流」です。

格調高い文様でありながら、モダンな印象もあるので、楽風林さんの作品の中でも定番の人気です。

名物裂の「富田金襴」よりデザインされた柄です。古来より縁起のよい雲として表現される霊芝雲文を意匠としています。
もこもことした雲の造形美には、愛らしさや心が弾むような気分までもたらしてくれます。濃い色の着物はもちろん、薄い色の着物も幅広く合わせることができ、非常に使い勝手の良い帯に仕上がっています。

洛風林オリジナル・飛天錦の地はシャリ感があり、締めたあとに緩みにくく、単衣とも合わせていただけるため長い時期にお召しいただけるコスト・パフォーマンスのよさも魅力です。

参照:千成堂着物店 洛風林 商品一覧

 

当店オリジナル、菱一さん制作の飛び柄小紋とサラリと合わせましたが、現代的な雰囲気が表現できたと思います。これも雲の模様を詰め込まず、”白場(しろば・白い場所)”を適切に取った、間の活かし方によるものです。

こちらは、錦地袋帯「立柏文」です。

むっくりとした錦地にシンメトリーな柏文様をモダンに配置しています。
柏の葉は神仏に供えられる食べ物を盛る器に使われており、そのことから神事に深い関わりを持つ文様とされています。また、「家系が途切れず子孫が繁栄する」とされ、武士の家紋にも多く使われてきた吉祥文様です。

参照:千成堂着物店 洛風林 商品一覧

こちらも現代的なセミフォーマルのコーディネートにぴったりです。

当店オリジナル、菱一さん制作の日本刺繍の付下げと合わせました。こちらも墨黒の地と柏の葉の”空間”が絶妙の抜け感を表現してくれています。決して真っ黒ではなく、極うっすら色を控えた墨黒が、最高にセンスが良い帯です。

繊細な意匠美の「ミラノレース文」。

イタリアはミラノで堀江社長自身が目を止めた、レースの文様からインスピレーションを受け、デザインされています。
銀鼠色の地に金糸、白茶、白練色などの柔らかい配色で繊細でエレガントなレース文様を織り出した、優美な袋帯です。
光沢を抑えた金糸使いで、幅広い場面でお使いいただけるのも魅力です。

こちらもその空間使いが見事。柄を織り出した金糸と白糸が、柄の立ちすぎを抑えています。

全体を眺めて、空間が帯回りに表現されていることがわかるはずです。

参照:千成堂着物店 洛風林 商品一覧

絶妙な抜け感。洒脱な九寸名古屋帯もお勧めです。

 

こちらは、紬地なごや帯「スキタイ馬具文」です。

紀元前8~3世紀にウクライナを中心に活動していた遊牧国家スキタイ族が使用したとされる馬具をデザインしたものです。

極浅い青みのグレー・水浅葱色の紬地に、特徴的な丸い意匠が連続して織り出されています。ところどころに使用された差し色との配色、そしてありきたりでないどことなくユーモラスな表現。
存在感はありながらも、かといって悪目立ちすることのない、洛風林さんの美意識を強く感じさせられる帯です。

参照:千成堂着物店 洛風林 商品一覧

 

飛天錦なごや帯「宮廷刺繍文」です。

トルコ最大の都市イスタンブールにあるトプカピ宮殿において、王侯貴族が身に纏った衣装「スルタン」の刺繍を図案化しています。白よごしと表現された地色に、半円を重ねたような文様と小花がリズミカルに織り出されています。
豪華な民族衣装に施された繊細な刺繍が、飛天錦のシャリ感ある地に浮かび上がるようです。

こちらも、盛夏以外の時期にお召しいただける、飛天錦の地です。

参照:千成堂着物店 洛風林 商品一覧

向き合う鳳凰が印象的な、紬地なごや帯「花樹双鳳凰文」です。

正倉院御物「樹下鳳凰双羊文白綾」の一部を図案化したものです。シンプルですが、絵緯の絹艶が一層際立つよう、地には紬地を使用しています。

岩の上に立つ南国風花樹の下、向かい合う鳳凰を中心に、花卉・見返り鳥などの文様を左右対称に。銀糸のような光沢のある絹糸が、単色使いでありながら豪奢な雰囲気を醸し出します。

参照:千成堂着物店 洛風林 商品一覧

東郷織物さんの大島紬にコーディネートしました。抜染(ばっせん)の技法を駆使した絣は生成り色を伴って、ここの大島紬の完成度を高めています。

洛風林さんの帯は感性豊かな作品に合う帯です。柄を少し中央からずらし、絶妙なセンスを発揮しています。

こちらは、飛天錦なごや帯「華献上」です。

17世紀ごろイタリアで作られた切ビロードの裂を図案化したものです。
ビロードの立体的な質感を壁糸という特殊な糸で表現しています

壁糸とは撚糸の一種で、細い糸に太い糸がらせん状に巻き付いて見える糸です。
味わい深い糸で織り出された縦縞の花が、献上柄のようです。

参照:千成堂着物店 洛風林 商品一覧

こちらも飛天錦なごや帯「唐花文」。

正倉院御物「霰地唐花文錦」の一部からデザインされています。光過ぎない金糸を使用しており、程よいフォーマル感を演出してくれます。
幅広くコーディネートに生かせる一本です。

参照:千成堂着物店 洛風林 商品一覧

膨れ織 九寸名古屋帯「チムール花文」。

ウズベキスタンのボハラ地方で作られる刺繍、スザニの文様がモチーフです。ウズベキスタンにかつて栄えたチムール王朝にちなんで名付けられました。綿製で素朴なスザニ刺繍の立体感を膨れ織で表現しています。
爽やかな白地に描かれた文様には、愛らしさがあります。

参照:千成堂着物店 洛風林 商品一覧

 

膨れ織 九寸名古屋帯「チムール花文」。

先代社長がウクライナを訪れた際、染織美術館で見た更紗の裂からデザインしたもの。敢えていびつなままの文様を用いることで、手仕事の味わいを生かしています。

参照:千成堂着物店 洛風林 商品一覧

純正のお仕立てと各種アフターケアも万全です

洛風林の作品は基本的に一点もの。買い逃してしまうと二度と手に入らないかもしれません。
(再度織っていただけるか、聞くことは可能です。)気に入った柄は是非、お見逃しなく。

また、お仕立ては全て洛風林に依頼し純正加工致します。膨れ織など仕上げが難しい帯地が多いためです。掲載品についてコーディネートのご案内や、パールトーン等のアフアーケアなど純正サービスをご用意しております。

洛風林、最高の帯をお探しのあなたにお勧めいたします。

メディア掲載のお知らせ
当店×菱一 オリジナルの小紋が”美しいキモノ”本誌に掲載されました。

ハースト婦人画報社 刊 / 美しいキモノ 18冬号 (11/21発売)

企画「小紋と紬 華やぎコーディネート / 年末年始お出掛けダイアリー」のページに当店の商品をご提供いたしました。染の川勝 松竹梅の帯と合わせて、コーディネートいたしました。表紙は北川景子さんです。紙面には4度目の登場となります。

お勧め商品商品新商品
千成堂着物店をフォローする
千成堂着物店 公式ブログ / 川崎市 武蔵小杉から一駅