一生着られる本場結城紬をお探しですか?小倉商店の結城紬があなたのこだわりに答えます。

ニュースです。当店は本場結城紬産元 小倉商店さんの正規取扱店となりました。京都を拠点とする老舗紬問屋さんの協力のもと、本場結城紬の販売、産地地入れや洗い張りなどアフターケア、トータルコーディネートなど完全なサポートをお約束いたします。(奥順さんはじめ、他の産元のお品も取り扱っております。)

2016年に「今こそ結城紬を買う。上級者が必ず押さえる4つのポイントを公開いたします。」という記事を公開いたしましたが、数多くの紬織物を取り扱い、また産地へ足を運び、当店もさらに経験値を蓄えて参りました。今回、さらに結城紬産元とのご縁をいただき、これを機会にさらに質の高いサービスをご案内させていただくことになりました。

本場結城紬はご存知の通り、日本三大紬のひとつです。厳選された真綿の糸から、手で糸をつむぎ、手くくりで絣糸をつくり、高機または地機で織り上げる紬です。空気を含んだふんわりとした軽さと温かさが特徴です。その着心地や風合いには根強いファンも多く、最高の評価を受けています。

出典:千成堂着物店 本結結城紬 一覧

本場結城紬は産地での加工で、その風合いを完成します。

産地で天日干しによる地入れを行うと風合いを増す特徴があります。その工程に耐える堅牢な染め(光による退色に強い)と糸は、三代着られるといわれるように、着れば着るほど、洗い張りを繰り返すほどに風合いを増していきます。ですが、産元 小倉商店さんを訪ねたときに、衝撃の事実を知るのです。それは、適切な地入れや洗い張りを行わないために、明らかに風合いを落とした硬くボソボソとした結城紬の姿でした。小倉商店の現社長であり制作を統括する小倉進吾さん(小倉商店の現代表取締役社長)に話を伺うと、正しい糊抜きができていなければ、結城紬が本来もつやわらかさは出ない、最近、着心地が悪いと相談を受けることが増えているという事でした。

反物はもちろん、お手持ちの本場結城紬も、アフターケアはお任せください。

まず、当店は中古(リユース)商品からキャリアをスタートした異例の呉服店です。当然、仕立て上がりや中古の結城紬を多く取り扱ってきています。確かに、リユース品のなかにはゴワゴワ、ボソボソとした風合いの本場結城を見かけることがありました。仕立てなのか、地入れなのか、アフターケアなのか、または生地の劣化なのか・・一点一点条件が違う中古商品からは実際のところ、全てを判断することは難しいです。ですが、適切な洗い張りなどアフターケアを施せば風合いを回復させ、本来の着心地に戻すこともできる、と教えてもらいました。新作から中古商品まで幅広く扱う当店の性質上、正しいアフターケアを望む声を多くいただいていましたが、これでやっと完全な意味で結城紬に対するサービスが行えるようになりました。

小倉商店はあなたの感性に応える、一生ものの本場結城紬を制作しています。

出典:千成堂着物店 本結結城紬 一覧

順番が前後しましたが(あまりにも地入れと洗い張りの衝撃が強くて・・・)、小倉商店さんの提案する本場結城紬は、他にない素晴らしい感性があります。一言でいえば”マスキュリン”な結城紬です。非常に洒脱な色と柄が揃います。当店のお客様で紬の大ファンの男性の方がいらっしゃいますが、小倉商店さんの結城が大好きです。小倉商店さんは粋で洒落た男の本場結城紬も当然扱っていますが、その感性をほどよく残したような女物には独特の格好良さがあります。

小倉商店 地機の本場結城紬 着尺

出典:千成堂着物店 本結結城紬 一覧

こっくりとした良い色と、洒落た雪輪模様はまさに小倉商店の哲学。こちらは小倉商店謹製 地機 本場結城紬の着尺です。まず惹かれるのはその色目、墨色。含みのある色味のチャコールグレーです。マスキュリンという表現をしましたが、この反物ももれなくマスキュリンな雰囲気です。ですが、丸みのある雪輪の絣文様、どこか女性らしく愛らしさもあります。そして、その絣の表現にも注目です。手に取ってみれば亀甲絣ともう一つの絣を組み合わせに気づきます、まさに着物通が唸る完成度。

出典:千成堂着物店 本結結城紬 一覧

コーディネートもお任せください。白など明度の高い帯を合わせて爽やかに着こなすのはいかがでしょうか。すっきりとした飛び柄の結城紬は帯が映え、また合わせやすい。これから結城紬を着始めるあなたにもお勧めです。きっと、憧れの洒脱な着こなしをお楽しみいただけます。

本場結城紬の帯は、まさに洒脱!

出典:千成堂着物店 本結結城紬 一覧

そして、更にご注目いただきたいのは、こちらの八寸帯です。小倉商店の自信作、地機で織った本場結城の八寸帯、持った瞬間に羽のような軽さに驚かれると思います。良質な真綿から手でとった糸は空気を含み、その質感が生きています。色を細かく選び、織り出した格子文様は素朴なだけでなく、どこか気負わない洒脱な表情。経糸をよく見ると絣糸をつかっています。一本一本異なる糸の表情がさらに質感を向上、他にない新しい試みです。織を熟知したデザイン設計は、まさにここならではです。絣糸は一本一本すべてが違います。世界中に同じものは一つとして存在しない、あなただけの帯です。

出典:千成堂着物店 本結結城紬 一覧

出典:千成堂着物店 本結結城紬 一覧

最高品質へのこだわりは繭から、糸から

また、小倉商店さんは素材へのこだわりは格別のものがあります。朝・日 × 東・海(あさひとうかい)という品種の蚕の真綿から純国産の絹糸をつくりますが、全ての流通の情報を持ち、糸の品質から完全な保証を付けています。また、真綿は福島県の保原(ほばら)で職人さんの手により一つ一つつくられています。”糸”を昔ながらの手仕事で結城紬へと加工するわけですが、絹糸の良さは結城紬の良さにつながります。繭、絹糸、真綿、素材にこだわりぬいた小倉商店の結城紬はまさに格別の品質を誇ります。

本場結城紬 地機はやっぱり、格別なのです。

結城紬には地機(じばた)と高機(たかばた)の二つの織り方があります。今回入荷した二点は地機にこだわって選んでみました。大変な手間と熟練の技が必要な、床に座るような姿勢で織る、いざり機で織るのが地機の結城紬ですが、木綿の糸を使う”糸そうこう”は経糸の張り具合を腰でいつでも調整ができるため、ふんわりとした風合いで織り上げることができます。絹糸はまさに生きており、湿度や天候で張り具合が変わります。高機では、一度経糸をかけると張り具合を調整することはできません。また、高機に比べて大きな筬(おさ)をつかい糸を打ち込みます、そのため、織地にしっかり感もつくることができます。この二つが組み合わさり、あの最高の風合いを持った”地機”の結城紬が完成するのです。本場結城紬の特性上、経糸よりも緯糸が細く、そして、二回の打ち込みを必要とする工程があります、他産地の紬に比べて、打ち込む回数も飛躍的に多くなります。一生着られるそのしっかりとした織味はここから生まれます。

その織りの技術に注目が集まりますが、絣(かすり)糸をつくり、経糸をかけるその工程だけで数か月かかります。例え簡単な絣模様の結城紬でもです。最低でも14人の手がかかる、とは小倉商店 小倉社長の話ですが、まさに手仕事の結晶です。まさに工芸作品です。

一生ものの本場結城紬を選びましょう。

産元・産地の完全なバックアップを得た今ですが、当店で本場結城をお求めの方に是非挑戦していただきたいのは、一生ものの本場結城紬をお求めいただくことです。小倉商店さんにお邪魔して、150年を経過した本場結城紬も手に取ってきましたが、柔らかく馴染んだ紬織地にどこか控えめな光沢を放っていました。三代着られる、とは営業トークではなく、本当のことです。幾度の洗い張りにも耐える堅牢な織りと染め。薄くなった箇所をお仕立て変えすれば、織地のダメージを避けることもできます。そして、飽きの来ない、完全に満足のいく絣の模様や地の色を選ぶことが大切です。お好みはもちろん、これからの着物ライフなど、遠慮なくお聞かせください、必ずご納得いただける一反をご案内いたします。

オリジナルの結城紬も制作可能!産元と連携した、より高品質なサービス体制。

また、小倉商店さんの協力もあり、オリジナルの一反を製作することや、産地への見学を手配することも可能となりました。決して雑で安いお買い物ではございません、全てをご安心いただくためのサービスをご用意しています。感性に応える本場結城紬のトータル・コーディネートをお探しの方にこそ、完璧な品質を誇る小倉商店の本場結城紬にぜひに出会っていただきたいと思っております。

本当に心から満足のいく、一生ものの本場結城紬をお探しですか?是非、当店までお声掛け下さい。必ずあなたのお役に立ちます!

出典:千成堂着物店 本結結城紬 一覧

メディア掲載のお知らせ
当店×菱一 オリジナルの小紋が”美しいキモノ”本誌に掲載されました。

ハースト婦人画報社 刊 / 美しいキモノ 18冬号 (11/21発売)

企画「小紋と紬 華やぎコーディネート / 年末年始お出掛けダイアリー」のページに当店の商品をご提供いたしました。染の川勝 松竹梅の帯と合わせて、コーディネートいたしました。表紙は北川景子さんです。紙面には4度目の登場となります。

コーディネート
千成堂着物店をフォローする
千成堂着物店 公式ブログ / 川崎市 武蔵小杉から一駅