あけずば織 上原美智子氏の作品を正規にお取り扱いしております。

今回、ご紹介したい作品はこちら、「あけずば織 / まゆ織工房 上原美智子氏 の九寸帯地(夏帯)」です。こちらは数ある夏帯の中でも、最も軽く美しい作品です。

染織作家 上原美智子氏について

1949年那覇市生まれ / 柳悦博氏、大城志津子氏に師事した後、まゆ織工房を南風原町に設立。独自の技法”あけずば織”を極めるアルティザン。あけずばとは琉球の古語でとんぼのことです。蚕の吐き出す糸そのままを生かして織り出し、風に舞うとんぼの羽のような軽さと美しい透明感を実現した”わずか3グラム”のストールが代表作ではないでしょうか。沖縄の光と風を映す、とは資料にあった言葉ですが、まさにそのもの。

また、そのセンスが素晴らしい。無駄をそぎ落としたミニマルな作品は東京都国立近代美術館に収蔵される美術品でもあります。人の手から生み出される織物は数ありますが、その中でも最も美しいものの一つです。

あけずば織を帯にする、ということ

涼しげな雰囲気を生かした夏帯としていかがでしょうか。糸の一本一本をそのまま織り上げる技法なのですが、こちらは帯として締めるため、糸を複数組み合わせストールよりもしっかり感を出してあります。空気を織り込んだような透け感があり、あくまでも軽く、あくまでも美しい。明るい陽射しすらも楽しめるのではないでしょうか。

糸で愉しむ、あけずば織

糸そのものを織り上げる、あけずば織は糸そのものの美しさが伝わります。赤城山麓で極少量生産される赤城節糸を使ったこちらは、一本一本の糸が表情豊かです。昔ながらの技法(平廻し座繰機)でゆっくりと引かれた糸は独特な凹凸があり、光を優しく返してくれます。染めは琉球藍、自然な色合いの薄藍色~薄紫色を染めています。

光に透かすと、琉球藍で染め上げられた色合いが浮かび、また表情を変える。決して派手さはありませんが、不思議と説得力があるのです。
無駄をそぎ落とし、行きつく境地。言葉では表しきれない静かな感動があります。

立体的(と言っても糸の細さから極控えめですが)な織りは吉野織りの技法(吉野格子が一般的ですね)によるものです。平織と畔織を組み合わせたものです。

あけずば織のコーディネート

実際にコーディネートしてみましょう。優しい色合いの帯です、締まった色のきものに合わせて、また中間色的なコーディネートに合わせてみてはいかがでしょうか。夏結城や宮古上布、八重山上布、または夏塩沢や夏大島・・上質な夏きものにきっとニュアンスを加えてくれるはず。

あけずば織の正規取扱いについて

こちらの一反は希少な染織や工芸品を主に取り扱う、京都の老舗問屋さんよりご推薦をいただいた名品の一つです。
聞くところによると、現在、氏は配色や織りに関するオーダーを積極的には受け付けておらず、
作品が織り上がるタイミングで気に入ったものがあれば、譲る。というスタンスだそうです。私達としても是非ご紹介したい配色に出会てよかった。

また、当店は大手問屋さんを介して、各種琉球染め織物を正規取扱いしております。
ご購入後の洗い張り加工や、クリーニング、しみ抜きなど、全て完全にサポートさせていただきます。
デリケートなお色みのこちらも、安心して末永くご愛用くださいませ。

千成堂着物店 あけずば織 はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

すっきり上質な着姿が、じっくり相談しながら選べます。着付け講師もおり、初心者の方もあんしん。



千成堂着物店は武蔵小杉から一駅、武蔵中原にあります。
着物と帯はもちろん、草履やバッグまでトータルコーディネートでお選びいただけます。

お手持ち品を活かすご相談、クリーニングやお直しも大歓迎!土日祭日、仕入れ日など不在日が不定期にありますので、ご予約がお勧めです(当日可)。

お問い合わせ、ご予約

電話: 044-750-9554  (平日9:00-18:00 ) / メールはこちら

LINE @公式アカウント

写真でのお問い合わせやご予約、買取のご相談など担当者直通です。
個人のLINEの感覚で気軽にご利用いただけます。(ID検索は@sennaridoです。)

友だち追加

ほぼ全ての商品が見られる、公式ネットショップ

千成堂着物店 -公式通販サイト-



【セール開催中】公式ネットショップこちら