相良・汕頭・蘇州・・総刺繍の帯の選び方

今、刺繍の帯や着物が人気。

訪問着や付下げなど着物の印象が強いのですが、今、特にお勧めなのは刺繍の帯です。色無地や小紋に特に相性がよく、抜群の高級感をプラスしてくれます。また、無地感覚の着物の良いアクセントとしても機能します。

刺繍の帯の選び方はコツがあります。特に配色。

様々な種類の色や加工が存在する刺繍の帯ですが、素敵で今風の作品を見つけるにはいくつかのコツがあります。まず、白系やシルバー系など、すっきりした配色のものを選びましょう。当店でも黒や緑などいろいろな配色の作品に挑戦してきましたが、すっきりと重たくない今風の帯回りをコーディネートするには、やっぱり白系の帯が一番でした。

instagramでもコーディネートを提案いたしましたが、万筋のブラウン系江戸小紋に合わせたのは、シャンパンゴールド×白系のすっきりした帯です。色の重い帯は加工の重厚さが強調され、野暮ったい雰囲気に収まりがちです。もちろん、その重厚さを生かしたコーディネートも楽しめるのですが、今風にまとめるなら白系のすっきりした帯を選ぶのがお勧めです。

金色系ではなく、シルバー系の箔使いも同じ理由からお勧めです。すっきりと抜け感のある帯回りが楽しめます。

金糸使いや箔使いのフォーマル帯は譲られたり、一つは持っていたりと定番になっています。さらに一点買い足して、雰囲気を今風に変えるなら、あっさりした刺繍の帯を探すのもお勧めです。当店ではすっきり見えるものを中心にコレクションしていますが、是非ご覧くださいませ。

公式ネットショップはこちらです http://www.sennarido-kimono.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/users/2/lolipop.jp-9544d59e19fdfbb3/web/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 312