【写真で見る】白大島と相性の良い帯のコーディネート集

参照:白大島紬 反物からリユースまで(再入荷あり・お問い合わせください) / 千成堂着物店

「白大島に相性の良い帯とは」

初心者から上級者まで今最もアツい紬、それは白大島。

当店でもリユース品、反物、袷、単衣と一番の人気を誇る紬ジャンルの一つ。

粗野でなく、あくまでも女性らしいエレガントさがあり、現代的でシックなモノトーンコーディネートができるところが人気の秘密でしょうか。

今回は当店の定番、大手問屋さんより不定期入荷する、無地感覚の白大島紬の反物を使ってコーディネートに挑戦してみようと思います。

コーディネートのしやすい無地感覚の白大島をまず選ぶ

参照:白大島紬 反物からリユースまで(再入荷あり・お問い合わせください) / 千成堂着物店

白大島紬は帯のコーディネートが難しい紬です。

花柄の可愛らしいものや幾何学模様など様々な種類が存在しますが、どれも帯を選ぶ難易度が高い。

まず、帯のコーディネートがしやすい白大島を最初に見つけてしまいましょう。

おすすめは無地感覚の白大島、様々な帯とダントツに合わせやすいです。

 

白大島×長楽こぎん、モノトーン系に徹する

参照:白大島紬 反物からリユースまで(再入荷あり・お問い合わせください) / 千成堂着物店

無地感覚の白大島紬に合わせる帯、まずお勧めは長楽こぎんの名古屋帯です。

刺し子の文様を織り出したこちらの帯は、モノトーン系でシンプルな着こなしに最高です。白と黒にこだわった都会的な着こなしにまとめるのが一つのコツです。着る方の雰囲気を問わず、格好良く見せてくれるモノトーン系は紬初心者の方にもお勧め!

帯締めは渡敬さん、ちょっと遊び心のあるものを選んでアクセントに。

白大島×今河織物の御召帯、秋から冬、洋服感覚モードな着こなしに

参照:白大島紬 反物からリユースまで(再入荷あり・お問い合わせください) / 千成堂着物店

<木屋太>ブランドをデザインする気鋭の織元、今河織物さんの袋帯をコーディネートしてみました。

こちらは御召帯。もともと御召を得意とする織元さん、まさに定番の商品です。無地感覚の白大島は都会的でモードなコーディネートがやっぱり定番。こんなアプローチの帯ならまさにモードに決まります。

濃い茶系や深いウコン色を帯まわりに指すコーディネートは、秋口など白大島が少し寒く見えがちなときにお勧めです。

帯締めは渡敬さんと平田組紐さんのゆるぎ、こっくりした色味が秋の白大島コーディネートに良く合います。

単衣の時期に、江戸紅型の夏帯に合わせて

参照:白大島紬 反物からリユースまで(再入荷あり・お問い合わせください) / 千成堂着物店

無地感覚の白大島、反物でしたら単衣にも袷にもお仕立てが可能です。単衣に仕立てて、夏帯を合わせるのも本当に素敵です。

今回コーディネートしたのは夏牛首の台に江戸紅型染めの夏帯。こちらのようなキリッと色の効いた帯も非常に良く映えますね。こちらも帯締めは渡敬さん。色味を統一して選んでみました。

無地感覚の白大島をお洒落に着こなす帯を選ぶ

白大島、特に無地感覚のものは幅広い帯と合わせることができます。ですが、やっぱりその良さを引き出すアクセントになる帯を選ぶにはコツがありそうです。

・モノトーン系

・幾何学模様

・キリッと色の効いたもの

この3つのコツを踏まえると、ぴったりな帯を選ぶことができそうです。

また、モノトーンにまとめて帯締めでわずかにアクセントカラーを足すとさらにお洒落です。

 

無地感覚の白大島、反物はLINE@で予約がおすすめです

当店は定番として白大島の反物を揃えておりますが、問屋さんの出来上がりに左右されるため、入荷は不定期です。当店のLINE@では、入荷の段階で(場合によっては話の段階で)情報を発信しています。

すぐにご予約も可能なため、是非ご登録の上、ご活用いただきたいです。

LINE@ 千成堂着物店のアカウントはこちらです(ID検索:sennarido)

ご紹介した商品は、店頭と通販サイトでご覧ください。

こんにちは、千成堂着物店のブログへようこそ!

こちらの商品は神奈川県川崎市の実店舗(予約制)と公式通販サイトでお求めいただけます。

コーディネートにお悩みのあなたも安心。着物と帯はもちろん、各種小物まで、トータルコーディネートでのご納品も承っております。

また、お忙しいあなたはお電話・メール・LINE@をご利用ください。店頭と同様の行き届いたサービスをご案内しています。

コーディネート
千成堂着物店をフォローする
千成堂着物店 公式ブログ / 川崎市 武蔵小杉から一駅
タイトルとURLをコピーしました