結城紬のコーディネート術 、桜がさね。奥順(株)の希少ブランド”結衣”でマスターする。

450x600-2015073100007

猛暑日の記録が更新される中、来年のしかも春のコーディネートを考えていると、一時、外の暑さも忘れられそうです。(気のせいかも)

何故、今 桜なのでしょうか。

それは・・非常に美しい空色に桜の花びらが舞う様に織り込まれた、結城紬が入荷したからです。

ご存知、奥順(株)のプロデュースする結城紬ブランド。それは”結衣(ゆいごろも)”

結城紬の老舗、奥順さんが軽く着やすく現代的なイメージで、新しく誕生させた”結衣.ゆいごろも”が入荷しました。

いままでにない紋織りの技法が使われ、紬地に桜の花びらが織り出されたありそうでなかった逸品。桜は着物にも帯にもよく使われる文様ですし、季節を問わず使っても良いとも言われますが、花の季節にきるのは野暮とも言われます。それは、主役は桜なのだから自分は控えると言う奥ゆかしさだと思いますし、それほど私達にとって特別な花ともいえます。

日本には、様々な行事や伝統、しきたりがあったりと面倒な時もありますが、心のどこかで大切に持ち続けているものでもありますので守りたい物でもあります。そこを踏まえて、今回はカラーコーディネートから離れて、ストーリーでコーディネートしてみました。

帯にも桜、着物の桜と組み合わせて・・桜がさねの完成。

600x450-2015060300080

春まだ浅い三月、桜の季節が待ち遠しい頃、明るい空色に舞う花びらの文様の紬に黒地の縮緬にモダンに描かれた桜の染め名古屋帯で”桜がさね”にコーディネートしてみました。これならお約束を守りながら、ワンランク上の着こなしといえます。言葉の響きも優雅です。

着物は紋織りの無地ですので帯を変えて様々なシーンで重宝ですし、帯も地色、文様共に小紋などにも合わせて使いやすいですので賢い選択と言えると思いますがいかがでしょうか。

季節をちょっと飛び越えて、少し涼んで頂けたでしょうか・・?

 

 

ご紹介した商品は、店頭と通販サイトでご覧ください。

こんにちは、千成堂着物店のブログへようこそ!

こちらの商品は神奈川県川崎市の実店舗(予約制)と公式通販サイトでお求めいただけます。

コーディネートにお悩みのあなたも安心。着物と帯はもちろん、各種小物まで、トータルコーディネートでのご納品も承っております。

また、お忙しいあなたはお電話・メール・LINE@をご利用ください。店頭と同様の行き届いたサービスをご案内しています。

コーディネート
千成堂着物店をフォローする
千成堂着物店 公式ブログ / 川崎市 武蔵小杉から一駅
タイトルとURLをコピーしました