今、押さえたい着物の流行。都会的なカラーコーディネート(配色)をヴィンテージ着物から見つける。

今、着物をお洒落に着こなすルール。

和装(着物)は、この50年間で”普段に着るもの”としての市民権を失い、洋服に移り変わりました。自分で着るためには着方、着付けを習わなければならなくなるほどです。

しかし、今、着物は新しい流行として盛り上がりを見せています。確実に。

大人の女性をターゲットとしたファッション誌などでも特集が組まれ、もう一度着物のよさを見直して、ライフスタイルの中に取り入れて楽しもうとする女性達も増えてきました。ここで、一度流行のスタイリングを考えてみます。

カラーコーディネートはこう変わった!

今、着物の流行は都会的で優しい色づかいです。

流行の着こなし、ヒントはカラーコーディネートにあります。

今、選ばれている配色を洋服的な言い方で言い換えると”ペールトーン”や””シャーベットカラー”がぴったりくるのではないでしょうか。

具体的には薄紫や水色、グレー系、上品なベージュ系などが好まれているようです。

顔映りの良い色合いの色無地、一見無地に見えるような細かい小紋に同色系の帯。帯あげ・帯締めは同系色のなかの少し濃い目、バックもじゃまにならない色合いで揃える。これで都会的でスタイリッシュな配色のコーディネートが完成します。

ここで考えたいのは、都会的なカラーコーディネートが人気となっている、その背景です。それは。

 

”空間”、”住”とのリンク

20130311_sub00220130311_sub001”すこし良いレストランでの食事”や”美術館での美術鑑賞”のようなキーワードを雑誌では見かけます。

撮影場所は伝統的な空間ではなく、和を新しい視点でとらえた、スタイリッシュな空間であることが多いです。

着物は洋服と比べ、全身を包む割合が多いです。淡い色でもその存在感は洋服とは比べものになりません。ビルや現代建築の空気感と着物をコーディネートする場合、やはり都会的な着こなしを心掛けておかないと、空間全体の調和が取れず、少しアンバランス。

現実的に着物を着こなすシーンを想定すると、普段着より少しおしゃれをしたお出かけになると思います。その時、環境と合わせたスタイリングは周りから浮かず、非常におさまりが良いのです。

 

お洒落な着物はヴィンテージ・アーカイブから見つける。

当店として提案したいのは、ワンピースやスーツ感覚で着られる紬、控えめな柄行きの着物をヴィンテージ・アーカイブから選ぶことです

従来的な価値観では”年配の方が選ばれたような、一言で言えば地味な古い着物”となりがちですが、ブランドのバッグや爽やかな柄行きの帯とコーディネートすると、シックさが引き立ち都会的なコーディネートにまとまります。

今回コーディネートしたのは、押田正義氏の付け下げとルイヴィトンのハンドバッグ、ジャスミン、白いエピレザーのモデルです。着物はおそらく20年近く昔のヴィンテージモデルですが、落ち着いた柄行きが逆に爽やかさをプラスしています。

PB110001着物のコーディネートは自分の好み、似あう似合わないといろいろな要素が絡み合い、単純にはまとめられません。

しかし、流行や流れというものは確かに着物ファッションの中にも存在します。似合うカラータイプにもよりますが、洋服でグレーやモノトーンを好む方は一度検討してみる価値があると思います。

PB110005

また、ピンク系の配色も同系統でそろえるとフレッシュな着こなしが可能です。バッグはプラダのサフィアーノレザーをチョイス。小ぶりなサイズに和風カラーがレアなモデルです。女性らしいやわらかさと、モード感が新鮮。

beige_kimono

ベージュのやわらかいトーンで帯と着物をコーディネートするのも新鮮です。

帯の紫色から一色を拾い、帯揚げ・帯締めにはパープルをコーディネート、白い帯締めでもっと爽やかにまとめてもいいかも。

ファッションと空間のトータルコーディネートにチャレンジしませんか?

和装も言ってしまえばファッションのコーディネートです。場の格や空気感とトータルコーディネートするとさらにお洒落度が高いのではないでしょうか?ぜひ挑戦してみたいジャンルのコーディネートですね。

ご紹介した商品は、店頭と通販サイトでご覧ください。

こんにちは、千成堂着物店のブログへようこそ!

こちらの商品は神奈川県川崎市の実店舗(予約制)と公式通販サイトでお求めいただけます。

コーディネートにお悩みのあなたも安心。着物と帯はもちろん、各種小物まで、トータルコーディネートでのご納品も承っております。

また、お忙しいあなたはお電話・メール・LINE@をご利用ください。店頭と同様の行き届いたサービスをご案内しています。

コーディネート
千成堂着物店をフォローする
千成堂着物店 公式ブログ / 川崎市 武蔵小杉から一駅
タイトルとURLをコピーしました